中高年から僧侶へ転身

 

中高年で転職を考えている方もいることと思います。2012年はNECやシャープ、ソニー、パナソニックといった大手企業で大幅なリストラが行われました。中高年といえば、子供が成長しちょうど学費がかかる時期の人も多くみられます。どうしても残りたかったのに、リストラに追い込まれてしまったという人がほとんどであり、非常に辛い現実を強いられているのです。

 

中高年の就職については、非常に厳しいことはみなさんもご存知だと思います。そんな中、思わぬ就職関連の記事がありました。それは「僧侶」への就職です。

 

僧侶は代々、お寺に生まれた人がなることが多かったのですが、最近は中高年が僧侶を目指すケースも少なくありません。例えば妻を亡くし、いままでの杭をわびたいといった気持ちで入門する人もいることでしょう。しかしこんなケースもあると言います。それは「老後の収入のため」といったものです。

 

僧侶は実は給料がいい職業でもあります。シニアでアルバイトするよりは、よっぽど割りはいいのです。仏教に興味がある人は、なおさらピッタリな職業ではないでしょうか?

 

ただし辛く厳しい修行を積まなくてはならず、多くの人が挫折してしまうのも現実です。お金のためにという人は、なおさら挫折しやすいのではないでしょうか?

 

思いがけない「僧侶」といった職業ですが、中高年でもチャンスはいくらでもあります。

 

生活のためというのが本音の人でも、チャレンジしてみたいといった人は近所のお寺に相談してみてはいかがでしょうか?

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格