転職は突然やってくる?新しい方法ヘッドハントを知る

転職は突然やってくる?新しい方法ヘッドハントを知る

転職をしたいと思っていない、考えてもいない時に、急に転職してみないかと誘われることを、ヘッドハントと呼びます。

 

他の企業から誘いを受けて、仕事をすることができる方法を指すことで、近年はこの方法を利用しているところも増えています。使っていける方法を理解しておくことは、突然の転職に対応できること、誘いを受けた時の対応などを考えることができるのです。

 

かつての先輩や知り合いが誘いを持ってくる

こうしたヘッドハントが実際に起こる場としては、かつて先輩だった人が突然やってきたり、ふとした出会いによって起こることが多いです。

 

知り合いに会った時に、こうした仕事をしているけど、一緒にやらないかと誘われることがあります。なかなか無いことなので、戸惑ってしまうことが多いと思いますが、この誘いは良い企業へ向かうことができるチャンスでもあるのです。

 

ヘッドハントは、基本的に今より収入が大幅に増えることが予想されます。

また、これまでにない待遇を受けられることもあり、知っている人がいることも、大きなポイントになります。知り合いがいると、話すことが楽になってきますし、相談をすることも簡単にできます。この差はかなり大きなことで、誰も知り合いがいないような状態より、少しだけ楽に仕事ができるようになるはずです。

 

突然のことなので、誘いについてはすぐに乗らないように、まずはゆっくり考えることです。その上で決断をしたのであれば、ヘッドハントに応じることを伝え、転職するために必要な手順を教えてもらうようにしましょう。

 

求人サイトを利用しても起こることがある

求人を見ることによって、仕事を探すことができるのが求人サイトとなります。

 

このサイトを利用する場合、基本的に自分から探すことが多くなっているのですが、場合によってはヘッドハントされることがあります。

 

求人サイトに登録されている情報を元に、ヘッドハンターと呼ばれる人が、その情報を見て企業に伝えます。いい人材ではないかと思われている場合、ヘッドハントすることを伝え、求人の詳細を出してもらいます。これに応じれば、多少転職に有利な状態を作ることができます。

 

ヘッドハンターは、すぐに転職できるというわけでもありません。

一定の条件を企業からもらっていることが多いことと、ヘッドハンターが紹介しても、企業が最終的な判断を下すことになりますので、結局採用されるかどうかは、企業が情報を見て行うことになります。

 

面接に多少有利な状況を作れる

ヘッドハントされることは、面接に有利な状況を作ることができます。

 

既に書類選考では、採用したいと考えていることになりますので、後は面接対策をしっかりやっておけば、ほぼ採用されることになります。
ヘッドハントは、確実に採用されるというよりは、採用される可能性が非常に高くなる方法で、対応次第では普通の方法に比べて楽になります。

 

面接で思ったほどの人材ではないと判断されれば、採用されにくくなります。

流石に、書類と本当の情報が違っていることは、おかしいと思われてしまうでしょう。
書類だけで判断されないのが、ヘッドハントでも有りますので、応募することになった場合は、より良いように見せるためにも、面接対策は非常に大事です。

 

助けをもらうことができますし、何を聞かれるのか、ヘッドハンター側がちょっとだけ漏らしてくれることもあるので、場合によっては面接対策も楽になるケースがあります。転職をスムーズに進めるためにも、ヘッドハントが来た時は、応じてみるのいいでしょう。

 

まとめ

自分が転職をしたいと思っている時、必死になって探していることが多いかもしれません。ただ、そうした気持ちを持っていない時、転職なんて考えていない時に、突然話が来ることもあります。

 

ヘッドハントは、これからの時代に多くなる傾向がありますので、もし気になっているようなら、ネットなどで調べて、その対策を進めていくのもいい方法です。更に、知り合いなどから、声をかけられていることは、期待されている証拠でもあります。



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格