いつ転職をする?転職する年齢がとても重要に

いつ転職をする?転職する年齢がとても重要に

転職をする場合にはいつ転職をするのかがとても重要になってきます。

 

転職するタイミングを間違えてしまうと様々な問題が生じる恐れもありますし、転職自体が成功しないという可能性も高くなります。

 

そのため転職をする年齢を考え、タイミングをまちがえないようにすることが重要です。

 

 

転職するタイミングはいつがベスト?

 

転職をするタイミングを間違えてしまうといくら能力があっても企業の欲している人材に当てはまらないという問題が必ず起きてしまいます。
そのため企業側が欲しがっている人材が何歳くらいなのかを知り、それに当てはまる段階で転職を行うことがとても重要になります。

 

基本的に転職には転職適齢期と呼ばれる年齢があり、それ以外の年齢で転職を行った場合には企業との思惑が一致しないことになるのでなかなか希望の転職先を見つけられないということになります。

 

転職適齢期とされている年齢は20代後半〜30代前半が最も企業の欲しがる年齢とされており、それには明確な理由が存在しています。
20代後半〜30代前半と言う年齢は、社会人として仕事の経験もある程度の年数を経ており、社会人としてほぼ一人前と呼ばれる年齢となります。

 

この年齢はビジネスマナーなども身に付いていることが多く、転職者を採用する企業としては仕事に関してやビジネスマナーに関してをわざわざ教える必要が無いと言うことになります。

 

それだけではなく社会人経験がある程度長いため仕事のノウハウや必要とするスキルや技術なども新入社員などと比べると遥かに高度なものとなっており、即戦力としてすぐに会社の力になってくれるというメリットが企業側にはあるわけです。

 

20代後半〜30代前半の年齢は頭の回転も早く臨機応変に対処することも出来る年齢なので、最も社会人として脂の乗った年齢であるということも転職適齢期といわれる所以といえます。

 

 

 

20代前半での転職はNGなのか?

 

転職適齢期よりも早く転職をする場合にはその転職はNGとなるのでしょうか。

 

これは仕事にもよりますが20代前半の場合、一見まだ若いのでこれから先の伸びが期待できると感じるかも知れませんが、それであれば新卒で新たに採用をしたほうが企業側にとってはメリットが大きいと言えます。

 

例えば大卒で就職して2年程度で転職を考えた場合、社会人経験がまだ浅いという問題や、わずか2年程度で仕事を変わろうとするということが大きな障害となる可能性が出てきます。

 

基本的に企業側は転職者を採用する場合には出来るだけ長い期間勤務して欲しいと考えるのが当たり前で、せっかく雇い入れたのにすぐに辞めてしまうような人材は最初から欲しがらないと言えます。

 

そのため数年程度で転職してしまうような人材は企業の欲しがる人材に当てはまらない可能性が高くなってしまいます。

 

それと大卒で2年程度で転職する場合には、やはりビジネスマナーの面においても身に付いていないという不安が残りますので、企業側もあまり欲しがらない年齢となります。

 

 

転職適齢期以降の年齢での転職は?

 

転職適齢期である20代後半〜30代前半よりも遅い年齢での転職に関しては、社会人経験は豊富ですしビジネスマナーも問題ない、さらにスキルや技術なども非常に高いレベルになっていることが考えられます。

 

そのため転職するのには問題ないと感じるかもしれませんが、この年齢で問題となるのはこれから先の伸びが期待できないことと、雇い入れた場合に定年までの期間が短いという問題が出てきます。

 

確かに高いレベルのスキルや技術は魅力的ですし、ビジネスマナーにおいても年齢を経ている分正しいマナーが身に付いているのは間違いないでしょう。
しかし会社の存続とこれから先の成長を考えた場合には、年齢を経ていれば経ているほど採用し難いということになります。

 

これは給与面なども関係しますし、30代後半以降の人はある程度の役職についていたということも考えられるため、それを考慮した場合にはなかなか採用する企業側も採用し難いという条件が揃ってしまっていることになります。そのため高すぎる年齢は転職には適さないと言えます。

 

 

まとめ

 

転職を考える場合には自分の年齢をしっかりと考慮して転職のタイミングを考えなければいけません。
企業の望む人材であると共に、年齢も大きなポイントとなりますのでそれを理解した上で失敗しない年齢での転職を行うようにすると良いでしょう。

 

もちろん中には年齢が若すぎてもOK、ある程度年齢を経ていてもOKという企業もありますので、企業の欲しがる人材を調べて転職を行うと、適齢期以外の転職でも成功する可能性はあるので下調べはしっかりと行うようにしましょう。



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格