中高年就活に必要な心構えとは

中高年の転職では羨ましいほど簡単に次の職が見つかる方もいれば、常に行き詰まりを感じてしまうような方もいるという風に不公平感も生じる世代と言えるかもしれません。

 

理由に関しては明快ですね。
優れた技能やいかに希少価値のある人材であるか、また、魅力的な経験や人間力を持っている人ならば転職も怖くは無いでしょう。
その逆に、いつまでたっても転職先が決まらない、見つからないというような人は、自分の資質を差し置いて仕事を選び過ぎているという大きな理由が存在するかもしれません。

 

後者の場合は考え方をまず方向転換することが第一ですね。
但し、優れた資格や希少価値のある存在ではなかったとしても、必ず仕事は存在します。
他人がやりたがらない様な仕事や職場の求人は沢山空きがあるという現状もあるということです。
一旦職場を離れて退職してから転職活動をしている方の場合には、そのような仕事を選ばざるを得ないケースも出て来るでしょう。
過去の経験や環境とは全く違う仕事に関わるケースも有って当然ですが、その中で意外にやりがいを見いだせる方もいらっしゃることは確かです。
凝り固まった意識を一旦取り払って、全く新しい分野や他人が敬遠しがちな仕事にに前向きにチャレンジしてみるというのもひとつの生き方ですね。

 

但し、そのバイタリティーが 有るかどうかについても個人差が有る事です。
もしもその点に自信の無い場合には、現在の仕事を退職せずに、何かのスキルを磨きながらゆっくりと転職活動を継続すると云う方が安全です。
そうでないと、例え希望の転職先が決まったとしても、そこで若手からの教育を受けながら、中途入社した自分が仕事をしていく厳しい体制に耐えられない可能性も高い点を認識しておかなければならないのですね。
前述したように、自分の資質を差し置いて仕事を選び過ぎている人が、例え運良く新しい仕事先に就職できたとしても、その先の継続が危ぶまれるという点には充分な注意が必要という事が分かりますよね。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格