転職に重要な相手企業の事前調査

転職に重要な相手企業の事前調査

 

 

全体の39パーセントの人が面接を受ける会社の事前調査が難しいと考えているとされているのですが、かなり多くの割合で難しいと感じている人が多い事がわかります。

 

 

 確かに、面接を受ける会社の事前調査は難しく感じる人が多いのは事実だと思います。ホームページなどで公表されている情報なら、比較的簡単に調べることもできると思いますが、実際に働いている知人や友人などがいない限りは、その会社について詳しく知ることはできません。面接の際には、より会社について知識の豊富な人の方が印象には残りやすいと思いますので、情報収集にはかなりのエネルギーが必要になるのは間違いなさそうです。

 

 

転職活動が難しいと感じることランキング

1位 相手企業に関する下調べ
2位 自己アピール
3位 身だしなみ

 

面接官に好印象を与えるためには?

 

 面接官に好印象を与えるためには、ホームページや資料などで会社の製品について知識を増やすだけでなく、投資家向けIRレポートや同じ業界で働いている友人を情報源にするなどの方法があるようです。色々な方面から情報収集していくことで、ライバルとの差をつけるというわけです。

 

 

まとめ

 

 中高年の高い年齢で就職活動をする場合には、多くの人が苦手だと感じている相手企業の下調べを充実させることで、採用される可能性が高くなるのではないでしょうか。若い世代と比べると経験や知識が豊富ですし、場合によっては人脈がつながっている場合もあるでしょう。

 

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格