転職サイトのスカウト機能を上手に使う

転職サイトはスカウト機能をフル活用しよう!

転職サイトはスカウト機能をフル活用しよう!

 景気回復を受けて、転職サイトにも中高年を対象にした、ハイクラスな求人が増えています。

 

 転職サイトの一つのサービスとして定着しつつある、自分の希望条件を登録して、毎週送られてくる新着情報をチェックすることができる機能は、効率よく求人を探すうえではプラスが大きいはずです。

 

 ですが、自分に合った転職先を見つけたいと考えるなら、転職サイトのスカウト機能をフル活用することをおすすめします。これは、自分のこれまでの経歴を匿名レジュメとして登録し、興味を持ってくれた企業からのオファーを待つというシステムになっている機能です。

 

 転職サイトの中に、入力用のフォームがあり、ガイドに沿って入力することで、レジュメは簡単に作成できますし、その後のオファー数を見ながら、定期的に手を入れてレジュメをレベルアップさせることも可能です。

 

 スカウト機能を使うことで、自分の転職市場での価値を実感できますし、転職サイトによってはレジュメのチェックツールが併設されているところもあるので、自分の活動を振り返りながら、対策をたてることができます。

 

 スカウトのオファーが届いた求人は、面接にも進みやすいので、より内定に近づくチャンスにもなるので、必ず使ってください。

 

 

スカウト機能を使う前に知っておきたいこと

 

 上で説明したようなスカウト機能は、全ての転職サイトに備わっているわけではありません。興味があるのであれば、スカウト機能のある転職サイトを見つけて登録してください。

 

 転職サイトではなく、就職する人を対象とした求人サイトでも、このスカウト機能を設けるところが増えてきています。中高年の就職希望者の場合には、両方使ってみるといいでしょう。

 

 就職用の求人サイトに固執し過ぎると応募対象が少なくなる可能性もあるため、転職サイトにも登録することをお勧めします。スカウト機能と一言で言っても、それぞれのサイトによって細かな機能やサービスは異なってくるので要注意です。

 

 そのサイトにはどのような特徴があり、スカウトの種類やスカウトしてくる企業にはどのような傾向があるのかを必ずチェックしてから登録すること。少しでも無駄な作業を減らすために、サイトや機能の選別は怠らないようにしましょう。

 

 スカウト機能を使うのはいいのですが、自分でもしっかりと求人情報を検索することも忘れないでください。世間に誇れるようなキャリアがないのであれば、なおさら自分で動く意識が必要です。スカウト機能はとても便利なものですが、それだけに頼り切ってしまうのは避けなければいけません。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格