履歴書と職務経歴書の違い

履歴書と職務経歴書の違いを把握して書き分けよう!

履歴書と職務経歴書の違いを把握して書き分けよう!

 中高年が転職活動を行う際に、避けて通れないものに、応募書類の準備があります。応募の際にはほぼ必ず、履歴書と職務経歴書を書くことになるはずですが、この2つの書類は担う役割が違います。
 それを把握したうえで、きちんと書き分けることが、書類選考通過率に大きな影響を与えることを覚えておきましょう。

 

 まず、履歴書は、応募者個人の経歴を伝えるための書類です。
 氏名、住所、年齢、生年月日、学歴、職歴、資格・免許などの基本情報が詰まっているのが履歴書である、そう理解しておくといいでしょう。

 

 必ず転職者用の履歴書を選んで、記載するようにしてください。ここで注意すべきことは、ビジネスマナーに則った履歴書を確実に用意することです。
 職務経歴書と少し違い、フォーマットにはそれぞれ多少の違いはあれど、書く内容は基本的にさほど変わりません。これも履歴書の一つの特徴と言えるでしょう。
 そして、そんな履歴書の中で力を注ぐべき部分は、志望動機欄です。これが履歴書の肝の部分。

 

 特に就職希望者の場合には職歴が書けない人もいるでしょうから、履歴書に書く志望動機のウエイトは非常に重いものとなるでしょう。採用担当者もここでしか応募者のことを判断できないことも多いため、丁寧に書き記すことが求められます。

 

 

職務経歴書はどんな書類?

 職務経歴書は、これまでのキャリアと実績を、わかりやすく伝えるべき書類です。応募職種に通じるキャリアを中心に、これまで経験した仕事内容や職位を、わかりやすく記載してください。

 

 履歴書が応募者個人の基本的情報を記載しているものであるのに対し、職務経歴書は、それらの基本情報のうち、職歴や資格・免許などに関してさらに掘り下げて記載していくための書類である、そう考えるとわかりやすいのではないでしょうか。
 履歴書よりもフォーマットの自由度は高く、応募者個人のセンスが問われる書類でもあります。

 

 管理職経験があるようであれば、部課で手掛けた仕事や、そこで担った役割について触れるのも効果的です。A4版で3〜4枚以内にまとまるように、さらに記述もわかりやすくコンパクトにまとめることを意識して、書くようにしてください。

 

 就職希望者ですと、中高年でもこの書類に記載できる職歴がほとんどないという人もいるかもしれません。
 もしほんの少しでも過去に働いた経験があるのであれば、それを記載しておきましょう。アルバイト等であっても何も書かないよりはマシ。社会との繋がりがあるのかないのか、これも非常に重要なポイントとなりますから、何かしらの経験を職務経歴書として、履歴書とは別に書いておくといいでしょう。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格