採用担当者が見ている職務経歴書のポイント

職務経歴書はポイントを押さえて書こう!

職務経歴書はポイントを押さえて書こう!

 中高年の応募者の職務経歴書に目を通すとき、企業の採用担当者が見ているポイントは決まっています。
 それは、募集した職務内容にマッチするキャリアと実績があるかどうかと、応募者が自社の社風に合っているかどうかです。

 

 そうした職務経歴書で見られるポイントを理解したうえで、採用担当者に「会ってみたい!」と思ってもらえるような内容に仕上げる必要があるのです。

 

 では、注目してもらう職務経歴書の書き方ですが、まず書き方を「キャリア方式」にし、応募した職務内容に関連するキャリアと実績を、きちんと説明することです。
 そもそもですが、職務経歴書には「キャリア方式」と「編年体方式」の2種類があります。前者はキャリアや実績に着目して書く方式、後者は時系列に職歴を並べていく方式です。

 

 編年体方式の方が書きやすいのですが、中高年はキャリアが長い人が多いため、一目見て能力や実績がわかるようなキャリア方式の方が採用担当者へ効率よくアピールできると考えられます。

 

 ここでは、勤務先、所属部署名だけでなく、職位がついていた場合は、それも必ず記載し、業務ごとに経験年齢を入れるようにしましょう。
 そして仕事の実績ですが、実際に手がけたプロジェクト名だけでなく、その成果と会社側の評価、チームで協働するうえで組織のモチベーションを保つために意識したことなどを、具体的なエピソードを添えて記載します。
 その際、専門用語をできるだけ使わず、目標数字と達成率など、数値化できるものは数値化し、成果をわかりやすく伝えるように意識しましょう。

 

 

見た目の構成もポイントとなります

 実績があれば採用担当者に気に入ってもらえる、そう思っている人がいるとしたら、その考えを今のうちに改めておきましょう。

 

 とても内容が濃く、甘い言葉が並べられたラブレターを送れば誰もが感動してくれると思ったら大間違い。それが汚い字で書かれており、非常に読みにくいものだったら、感動したくてもできません。そもそも目を通すのも疲れてしまい、最後まで読む気すらも失せてしまうでしょう。
 職務経歴書にも似たようなことが考えられます。

 

 汚い字、小さくて読みにくい字で書いてあったり、どこに何が書いてあるのか一見してわからないような職務経歴書は最後まで読んでもらうことができず、出すだけ無駄なものとなってしまうのです。

 

 ・重要な部分は文字を大きくしたり枠線で囲むなどの工夫を
 ・見出し・箇条書きなどを有効に使って見やすい構成に
 ・改行・字下げなどを適度に使い、スッキリとした見た目に

 

 これらのことを頭に入れ、最後まで目を通したくなるような職務経歴書に仕上げなければいけません。採用担当者はこうした“巧さ”も必ず見ています。それが書いた人の性格や能力にも関わることだとわかっているからです。

 

 内容はもちろん、見た目にもこだわって作成していきましょう。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格