応募書類を送る際の注意点

応募書類の送り方も採否を分けると心得よ!

応募書類の送り方も採否を分けると心得よ!

 ビジネス文書を出すことに慣れた中高年なら、応募書類を三つ折りにして送るような失礼を働くことはないと思います。
 ですが、漫然と応募書類を送るだけでは、書類選考の通過率を下げることになりかねません。受け取り手の印象に残る、応募書類の送り方を覚え、しっかり実践するようにしましょう。
 また、応募書類を送る際にマナー違反がないようにし、印象を落とさないようにも気をつけておきましょう。

 

 まず、応募書類は高さを合わせるのが基本です。履歴書はA3版またはB4版で1回折りする形式がほとんどですので、職務経歴書は高さが合うように、A4版またはB5版で用意してください。できれば、A4版で揃える方がよいでしょう。
 そして、履歴書と職務経歴書のみを入れて送るのではなく、必ず添え状(送り状とも呼ばれます)をつけます。そこに同封した書類が何かと、簡単な自己PRを記載してください。もちろん、添え状も高さが揃うサイズで用意します。

 

 添え状を含めた応募書類を封筒に入れる時には、封筒の表面から添え状・履歴書・職務経歴書の順になるように入れましょう。職務経歴書がない人の場合には添え状と履歴書だけでも問題はありません。

 

 さらに、応募書類が濡れることがあっても、中身に影響が及ばないように、クリアファイルなどにはさんで封筒に入れる配慮があれば、受け取る人事担当者の心証を良くすることができます。応募書類や封筒は誤字脱字がないか、きちんと推敲したうえで投函するようにしましょう。

 

 

ほんのちょっとの配慮で差がつく応募書類の送り方

 応募書類を送る時には、もう少しだけ気を配ってみましょう。

 

 例えば、切手を貼ってポストに投函しても大きな問題とはならないのですが、可能であれば郵便局の窓口に封筒を持って行き、そこから送るようにしてみてください。
 これは、貼った切手の料金が不足してしまうという事態を防ぐためのもの。勘違い、ポストの中で切手が剥がれてしまうなど、予期せぬ事態をも想定すれば、郵便局の窓口から送った方がスマートでしょう。人事担当者にもそう思ってもらえるはずです。

 

 封筒の裏には自分の住所と氏名も記載するはずです。この時にも注意点があります。
 封筒の左側の下の方に住所と名前を書く人が多いのですが、これは正式な形ではありません。封筒の裏面には真ん中に線(紙を張り合わせてある部分)がありますが、これを中心にして右側に住所、左側に氏名を書くのが正しい形。

 

 また、裏面の左上に送付した日付を入れておくと、よりマナーや常識を知っていると思ってもらえるでしょう。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格