面接でよく確認しておきたいこと

企業と自分の相性を見極める

 中高年での転職の場合、入社後にミスマッチに気づいても、やり直しにくいという現実があります。書類選考を勝ち抜いて、面接まで進んだ企業に内定したい気持ちはよくわかりますが、正社員転職できればOKというわけにはいかないはずです。

 

 だからこそ、面接終盤に「何か質問はありますか?」と聞かれたら、自分と企業の相性を見極めるための質問をしておくことをおすすめします。

 

 そのためには、自分が長く働き続けるためには、どんな職場や環境が望ましいのかという、自分なりのチェックリストを作成しておくことが不可欠です。そのすべてが叶う転職先は見つからなくても、優先順位の高いものが当てはまれば、それで十分でしょう。

 

 自分の目で、入社するにふさわしい企業かどうか、きちんと見極めるようにしてください。

 

どんな聞き方がスマートか

 では、どんな質問の仕方が望ましいのかを考えてみましょう。例えば、「御社は実力主義とのことですが、差し障りのない範囲で、評価基準について教えていただけますか?また、管理職の評価基準はどうなっていますか?」という質問です。

 

 自分の価値観と、応募企業の社風がアンマッチだと、入社後にお互い辛い思いをすることになります。そうした価値観を知る方法に、評価基準を聞くことがあるのです。

 

 また、「事業ビジョンを達成するために、御社が中途採用者に一番求めるものは何ですか?」と、自分のアピールポイントとの共通点を探るのも、一つの方法です。そこで、やはり入社したいという意欲がわけば、最後の逆質問で、自分のアピールをすればよいのです。

 

 質問の聞き方にも、人間性が出るものです。自分の都合だけでなく、企業ニーズも考慮したうえで、質問を考えておきましょう。



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格