中高年と面接後のお礼状

面接後のお礼状は出すべきなのか

 

 転職活動のノウハウの中では、面接後にお礼状を出すことは、必ずしも必要なプロセスではないと捉えられているようです。ですが、中高年の転職活動の場合、似たような経歴や実績を持つライバルとの混戦になる可能性が高いのも事実です。

 

 お礼状を出すことが、内定を得る得策とはいえませんが、同レベルの候補者の中から一人選ぶという状況のときには、出していないより、出しているほうが、面接官に好印象を残せます。

 

 面接後のお礼状は、社外ビジネス文書マニュアルのお礼状のフォーマットをダウンロードすれば、簡単にカスタマイズできるのですから、パソコンでベースを作成しておき、出す習慣をつけておくことをおすすめします。

 

 また、面接後のお礼状は面接当日に出すのが基本ですから、どんなに遅くとも、翌日には投函するようにしましょう。メールでも構いませんが、お礼状の方がレベルは高いです。

 

面接後のお礼状で自己アピールすべきか

 

 面接後のお礼状にしたためることは、面接の機会を与えてくれたことに対する謝意が基本です。スペースがあるので、面接時の質疑応答で興味関心を持ったことや、入社の意欲が高まったことを書き添え、結ぶ前に再び感謝の気持ちを綴ります。

 

 このとき、長々と自己アピール文を入れる応募者も少なくないようですが、これは諸刃です。面接で自己アピールできなかったことを長々と綴っていると、面接官の心象を害す可能性が高まります。

 

 中高年を中途採用するときには、現在の職場で協調性を持って働ける、謙虚な姿勢の方が望ましいと考える企業も少なくないので、文章も礼儀正しく、誠意を持って書くことを意識してください。これで、ライバルに差をつけましょう!



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格