円満退職できないなら内定を辞退したほうがよい!?

中高年は円満退職すると決めよう!

中高年は円満退職すると決めよう!

 中高年がキャリアアップ転職をする場合、それまで働いてきた業界や職種と同じ内容の仕事を選ぶことが多いはずです。転職を決めるからには、それなりの理由があるでしょうが、勤務先を円満退職できるよう、きちんとスケジューリングをして、段階を踏んでいきましょう。

 

 どんな仕事につくにせよ、最後は人脈がものを言います。転職先が決まったからと言って、それまでの勤務先に砂をかけるような辞め方をすれば、悪い噂は業界や関わる人的ネットワークの中に、あっという間に広がります。それは、あなたのそれからの仕事の妨げになる可能性が高いのです。

 

 勤務先の退職規定を調べ、それに沿った形で退職の準備を進めていくようにしてください。
 退職届を提出する1〜2カ月前には上司に退職の意向を伝えることも重要。退職届の提出後2週間後には辞めることが可能であると労働基準法には定められていますが、この期間では円満退職にするための準備は整えられないでしょう。

 

 後任の採用や引き継ぎなどを十分に行えるように、退職日を設定することも忘れずに。
 有給休暇を消化したい場合は、当然、退職の意向を伝える日程は繰り上がります。そして同様に、転職先にも、前職での仕事を全うしてから入社できるよう、誠意をもって交渉してください。
 ここで決裂するようなら、内定辞退した方が、将来のためかもしれません。良識ある大人として、迷惑が最小限になるよう、円満退職してください。

 

 

円満退職できない人の特徴とは?

 スケジューリング、これは円満退職にするために非常に重要な要素となってきます。退職までの計画をしっかりと組めない人はもちろんですが、他にも円満退職できない人の特徴がどうやらありそうです。

 

 思ったことをすぐに口にしてしまう人は気をつけましょう。もうどうせ辞めるからと、会社への不満をついつい喋ってしまうことがあるからです。
 不満を言われた側はたまったものではありません。それで円満退職にしたいなんて虫が良すぎますし、そう願ったとしても実現は難しいでしょう。

 

 転職活動のために仕事を疎かにする人も、円満退職は実現しません。
 転職活動に忙しいはもわかりますし、そのために何日も休みをもらわなければならない状況もわからないではないのですが、それによってまだ勤めている会社の仕事を疎かにしてしまえば、これも会社側からすればたまったものではないでしょう。

 

 辞めるまでは手を抜かない、これは円満退職するためには絶対に必要なものとなるはずです。

 

 


円満退職できないなら内定を辞退したほうがよい!?関連ページ

転職の際に確認すべき?保険の種類と休日の有無

トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格