中高年が引き止めにあった場合の交渉方法は

引き止めがあった場合に

 

 中高年といってもどのくらいの年齢かで引き止められる確率も変わってきます。もしほとんど定年まで数年であれば企業側もいなくなることを覚悟しているため引き止められる可能性は低いですが、重役でこれからも長く仕事ができる人間であればまず引き止められることになるでしょう。

 

 そして本当にその企業の要となっているのならば相手も様々な案を出して引き止めてくるため、生半可な理由では相手を納得させることはできません。どうにかして企業側に「仕方がない」と思わせる理由を述べなければならなくなり、交渉をしていかなければいけません。

 

 そのために退職届を出す前には自分が引き止められるような存在かどうか確認して、それに該当するのであればどのような理由を述べて話し合いをしていくか考えておきましょう。

 

企業を安心させる

 

 とはいえ、実際に交渉するとしても相手を納得させることは中々難しいことです。引き止めというのは基本的にその人が企業から抜けると痛手になるからこそされるものであり、ならば相手を納得させるようにするには退職手続きの際にその痛手を緩和させるように行動しなければいけません。

 

 実際に退職手続きでは引継ぎ作業として後継者に仕事を引継がせる作業をしますが、その際に自分が去ってもよいようにその後継者にできる限り必要な経験と知識を教えるといいでしょう。そのようにして自分が「いらない」存在となれば企業側も交渉の際に折れやすくすることができます。

 

 しかし、それでも本人自体が長年働いてきたということがあるため、必ずしも双方納得ができる結果になるとは限りません。転職で引き止めがあった場合にはある程度は企業との関係に支障が出ることを覚悟しておいた方がいいです。


中高年が引き止めにあった場合の交渉方法は関連ページ

転職の際に確認すべき?保険の種類と休日の有無

トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格