中高年で就職を目指す人たちは絶対に知っておきたい「試用期間とは?」のお話

試用期間で“自分”を認めてもらいましょう

 

 就職先が決まり、実際に入社すると、そこから3ヶ月ほど試用期間で働くことになるでしょう。これは中高年に限らず、若い人でも就職をすればその多くが体験することになります。試用期間が無い会社もありますが、最近ではこれを設ける企業が増える傾向にあるようです。

 

 試用期間であなたが意識したいことは、自分を認めてもらうこと。企業側も、あなたのことを認めようとするはずですから、それにしっかりと応えなければなりません。

 

 3ヶ月になるかそれ以外の期間になるかはわかりませんが、とにかくこの期間に仕事を覚え、問題なく働けることを見せることが大切であり、試用期間はそのための期間であると思っておくべきでしょう。

 

試用期間は無い方がいいのか

 

 試用期間は解雇される可能性が高まるとか、待遇が悪いとか、よく言われています。だったら試用期間が無い方がいいではないかと考える人も出てくるでしょう。

 

 しかし、試用期間が無い企業が良い企業であるとは限らないので、そのあたりには注意が必要。敢えて試用期間を無くし、それで就職希望者をたくさん集めて安い賃金でずっと働かせるような企業も実際にあるのです。

 

 また、解雇される可能性が高まるとは言われますが、これも真に受けない方がいいでしょう。そもそも、試用期間中に解雇されてしまう人は、試用期間がなくても解雇される可能性あり。解雇の基準にたいした差はないのです。

 

 多少賃金が安いことはあるかもしれませんが、試用期間が無い方がいいという考えだけは持たないようにしましょう。

 

求人と異なる試用期間に注意

 

 中高年の就職希望者に特に注意してもらいたいのは、求人と異なる試用期間制度を設ける企業です。面接時には必ず試用期間に関しての確認を取り、どのような制度の中で自分が働くことになるのかを明らかにしておかなければなりません。

 

 就職したいという気持ちが先行し、面接官に与える印象を下げないため、こうした質問や確認を面接時にできないという人も多いようですが、就職してから後悔したのでは遅いので、面接時には必ずチェックしておくべき事となるのです。


中高年で就職を目指す人たちは絶対に知っておきたい「試用期間とは?」のお話関連ページ

転職の際に確認すべき?保険の種類と休日の有無

トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格