中高年の転職は、人材(転職)エージェント会社の積極利用が成功へのカギとなる!

中高年の転職は、転職エージェント会社の積極利用が成功へのカギとなる!

中高年の転職活動において、転職エージェント会社の利用は欠かせないものとなっています。みなさんは転職エージェント会社について、どの程度理解されていますでしょうか?

 

中には、限られたビジネスエリートのために存在するものと思っている方や、サイトも見ても非公開求人情報が多く、不安を感じ利用に二の足を踏んでいる方も多いでしょう。そこで今回は、人材エージェント会社の業務内容や登録から利用に至るまでの流れなどをお話しします。

 

 

人材(転職)エージェント会社とはどういう会社なのか

転職エージェント会社とは、一部では人材紹介会社と呼ばれることもあります。その言葉通り、基本的な業務としては企業側が希望するスペックを持った人材を、その企業へ紹介をし、紹介手数料をもらうというビジネスモデルで運営している会社です。広くネット等で登録者を集め、その中からスペックに見合う人材を探し出して企業へ紹介するという流れは、人材派遣会社と似ていますね。

 

従って、中高年の方が転職活動を行うには、まずこのような人材(転職)エージェント会社に自分のスペックやキャリアを登録するところからスタートします。

 

 

 

 

 

人材(転職)エージェント会社の業務内容と役割

では、もう少し詳しく人材(転職)エージェント会社の業務内容を説明しましょう。
こういったエージェント会社に企業側が求人を依頼する理由として最も多いのは、募集ポジション及び求める人材像が明確に設定されており、少人数をピンポイントで採用するケースが挙げられます。

 

例えば新しい販売チャネルの開拓に取り組むために、マーケティング経験のあるマネージャークラスの人材を外部から登用するといった具合です。

 

一方、中高年の転職希望者も、これまでの社会人経験で様々な経験やスキルを身につけていることでしょう。エージェント会社へ登録すると、まずは専門コンサルタントによる適職診断が行われます。これまでの経験やスキルを棚おろしして、転職希望者がどのような業務に適しているか、第三者として判断し適切な求人をご紹介するということになります。

 

この際、前述の例に当てはめてマーケティングマネージャークラスの経験がある転職希望者がいたとすると、その企業へ紹介し採用に向けて段取りを行うことになるのです。

 

 

中高年の転職希望者が人材(転職)エージェント会社を上手に利用するには

では、実際に中高年の転職希望者がこのようなエージェント会社を利用する方法をご説明します。

 

今現在、人材(転職)エージェント業務を行っている企業は数多く存在します。ネットで検索すれば様々なエージェント会社がヒットしますが、そのほとんどがまずはwebで利用登録を行うことをお勧めしています。「転職サポート」や「転職コンサルティング」あるいは「適職診断」等、会社によってその名称は異なりますが、webで簡易的な登録を行い、その後エージェント会社に出向いて面談を行うことになります。

 

一般的に、年齢を問わず多くの転職希望者は、転職活動を行うツールとしてリクナビNEXTやマイナビ転職などの転職サイトを利用する傾向が高く、エージェント会社は利用するハードルが高いという認識を持っている方が多いようです。

 

しかし、このような転職サイトは比較的年齢層の若い求職者向けの求人が多く、中高年の転職活動では効率的とはいえません。

 

エージェント会社は、一度登録を行ってしまえば後はエージェント会社がマッチする求人案件を探し出し、求職者へ紹介するという流れであるため、求職者側としては効率よく転職活動を進めることができるのです。特に中高年の場合は、年齢的なハンデもあるため膨大な求人案件から自分にマッチした求人を見つけることにかなりの労力を費やします。従って、人材(転職)エージェントの利用は中高年の転職活動に不可欠であると言えるのです。

 

さて、中高年がこのようなエージェント会社へ登録を行う際には、まずその人材(転職)エージェントがどのような会社であるか、どのような得意分野を持っているのかということを事前に調べておく必要があります。

 

 

人材(転職)エージェント会社の特徴を掴んでおこう

中高年の転職希望者の場合、これまでの社会人経験である程度のスキルを身につけているはずです。従って、そのスキルや経験に見合った転職活動が必須です。一方の人材(転職)エージェント会社も様々なタイプの会社が存在します。エージェント会社へ登録する際は、自分のスキルにあった会社なのかを事前に調べておくとよいでしょう。代表的なエージェント会社は以下のようなグループに分類されます。

 

 

エージェント会社の分類
分類 特徴 向いている人 代表サイト
総合エージェント 幅広い求人案件を取り扱うエージェント 可能性を広げ、より多くの案件を比較して検討したいという人 リクルートエージェント、DODA
職種特化エージェント IT業界・医療・外資系など、その業界に特化した案件を扱う 自らのキャリアプランが明確な人 特定業界を強く希望する人 レバテックキャリア
エリア特化エージェント ある特定のエリアの求人案件に特化 UターンやIターン希望者 各地方新聞社の子会社等
ハイクラス限定エージェント 高年収や役員クラス等、ステータスの高い求人案件に特化 ハイスペック人材 ビズリーチ

人材(転職)エージェントは大きく分けてこのように分類されます。
中高年の求職者としては、登録の手間なども考慮し、まず総合エージェント1〜2社に登録を行い、あとは希望に応じて何かしらに特化したエージェント1〜2社へ登録することがベストだと言えます。

 

 

最後に

中高年にとって、エージェント会社を利用することは、転職活動を効率よく進めるために必要不可欠な要素となります。

 

これまでのキャリアを振り返り、適切な求人案件に応募するために、このような積極的に利用することが転職成功へのカギとなるのです。中高年が転職を検討する際には、エージェント会社を積極的に利用してみることを強くお勧めします。

 

 

 

関連記事

中高年が転職活動に行き詰まりを感じた時は、ハローワークを積極的に利用してみよう!

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格