転職では売込みが重要?転職する際の注意点

転職をすることにより今よりもさらに好条件の企業に乗換えをする、ステップアップをすることが可能になります。そのため現在では転職を考えている社会人の人が非常に多くなっていますし、自分を試したいという志の元に転職をする人も増えてきています。

 

しかし転職と言うものは自分の意思だけでなく転職先の企業に認められて初めて実現できるものですので、それを理解して自分自身を売り込むことが重要なポイントとなります。

 

転職は企業への営業だと考えよう

転職したいと考えていても相手の企業がOKしてくれないと転職の希望は適う事はありません。これは如何に自分自身を企業に対して売り込むことが出来るかで採用されるかどうかが決まってくることになるわけです。

 

そのため転職活動と言うものはある種の営業に近い活動だと考える必要があり、自分をどのように企業に売り込むか、自分を採用することでどのようなメリットが企業側に対してもたらされるのかをはっきりさせないといけません。

逆に売り込む要素が無い場合には企業側も全く興味を持ってくれませんので、自分で自分の特徴や長所などを理解し、それをどのように武器に変えていくかが重要なポイントとなるでしょう。

 

企業の求めているものが何かを理解しよう

就職とは異なり転職の場合には企業の求めているものというのが全く異なっています。
就職の場合は新人を採用して自社で育てていくというのが根底にありますが、転職の場合はその育てるということを企業側は望んでおらず如何にすぐ企業の力となってくれるかということが求められます。

 

そのため転職する際の企業の募集要項も就職の場合とは内容が異なっていることが多く、企業の仕事に必要な資格を持っていないとだめとか、特殊な職業の場合はその職業に何年以上関わっていたかといった指定がある場合もあります。その場合にはそれをクリアできていない人材は全て企業の求める人材ではないということになりますので、転職する前にしっかりと企業側の求めるものを理解して転職活動を行う必要があります。

 

もし可能であれば企業側の求める資格を取得してから転職をするといった努力も必要となってくるでしょう。

 

自分をどのように売り込むかが勝負

転職する際に自分を売り込むことが出来るのは提出する履歴書と職務経歴書、そして面接段階での売り込みの2回しかチャンスがありません。

 

基本的に転職の場合は筆記試験といったものが無いことがほとんどですので、自分を売り込むことが出来るのはその2回に限られてしまいます。
そのためまずは履歴書や職務経歴書の内容を企業の採用担当者の目に留まるものにする必要があり、書き方に関しても出来るだけ簡潔でありながら要所要所をアピールできる形で書く必要があります。

 

履歴書などで興味を持ってもらえないとその先の面接には進むことが出来ませんので、企業の心を掴むという意味でも履歴書や職務経歴書の内容には注意をして自分を売り込むことが出来る内容で書くことが求められます。

 

面接に関しては自分を売り込む最大のチャンスとなりますので、きちんと面接での行動を事前にシミュレーションして組み立てしておく必要があります。基本的には話す内容はポジティブなものであることが望ましいですので、面接時に前の会社のこと聞かれた場合でもネガティブな受け答えにならないようにすると良いでしょう。ネガティブな対応は企業に対してあまり良い印象をあたえませんので、その点には特に注意する必要があります。

 

最も重要なのは仕事に対するやる気と熱意を伝えることですので、相手をちゃんと見据えて自信を持った受け答えをすると自分の気持ちも伝わりやすくなります。

 

まとめ

転職する場合には自分自身を正しく理解し、それをどのようにして売り込むかを考えることが重要です。ごり押しでアタックしてもそれはあまり効果がありませんので、企業側も納得して採用してくれるようなアピールのやり方を考えることが転職を成功させるポイントとなるでしょう。



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格