衝動的な転職は失敗を招く!転職を考えた時にすべきこと3選

転職を考える理由には、ポジティブなものとネガティブなものがあります。転職を通してキャリアアップや収入アップを目指すのであれば、より充実した毎日を過ごすことに繋がります。

 

しかし、現在の仕事内容に不満があり、現状から逃れるためだけに転職をしようとすると、その転職が失敗に終わってしまうことがあります。ここでは、転職を考える時にすべきことの3つをご紹介したいと思います。

 

本気で転職を希望しているのかを客観的に眺める

 

転職を考えていたとしても、現職に留まることを選択する方もいます。下記の図は、DODAが実施したビジネスパーソン5,000人の転職意識調査の結果をグラフ化したものです。

 

グラフを見ても分るとおり、現職に留まる理由として最も多いのが「給与・待遇が希望に合う求人が見つからなかった」というものです。転職先が、現職の給与や待遇よりも魅力的なものでなければ、転職をすること自体がリスクとなってしまいます。このことから、現状維持をする方も多いようですね。

 


出展元 http://doda.jp/guide/ishiki/

 

希望する求人が見つからない場合、無理に転職をするのではなく、現職の良い点と悪い点を客観的に眺めることによって、本当に転職が必要なのかを見極める必要があります。給与や待遇が良い会社に転職するとなると、現在よりも高い能力や業績などを求められる場合があります。

 

求人内容に目を通すことで、現職よりも給与や待遇が良い会社を探すことはできますが、希望する会社の仕事が、思った以上に大変であることも考えられます。いざ転職をしても、その仕事が本当に自分に合っているかどうかも、実際に働いてみなければ分りません。

 

現職の良い点と悪い点を客観的に眺めてみて、どうしても悪い点が多い場合には、転職の準備を進めた方が良いでしょう。なかなか希望する求人が見つからない場合は、現状維持をしながら、数多くの求人情報に目を通すことが大切です。

 

もしも、衝動的に転職を考えていた場合には、じっくりと求人を探す時間を持つことで、冷静さを取り戻すことができるかもしれません。

このように、自分が本気で転職を考えているのか、そうでないのかを知ることで、衝動的な転職による失敗を回避することができます。

 

時間をかけて転職活動をする

 

求人内容だけを見てすぐに飛びつかない

転職は、ある程度の時間をかけて、計画的に行動するほど成功率が高まります。求人内容だけを見ると、給与や待遇が良いのにも関わらず、中には常に求人を出しているような会社もあります。衝動的に転職を考えている方の中には、そのような求人を見ると、すぐに飛びついてしまう場合もあるかもしれません。

 

しかし、常に求人を出している会社は離職率が高いことが多いので、転職をしたとしても何らかの問題が出てくる可能性が高いようです。このようなリスクを避けるためにも、時間をかけてゆっくりと求人情報に目を通す必要があります。

 

転職前に自分自身をバージョンアップしておく

転職を成功させるためには、希望する仕事を探すと同時に、自分自身をバージョンアップさせることが大切です。現職よりも待遇が良い会社を見つけた場合、多くの希望者が殺到することが予測されます。

 

競争率が高い会社である場合、より優秀な人材が選抜されることになりますから、転職に強みとなる資格や必要なスキルを身につけておくことが大切です。一般的に転職にかかる期間は、約3ヶ月〜半年だと言われています。

 

転職活動を始めてから再就職に至るまでの間、希望する内容の求人を探したり、必要な書類を作成するなど、数多くのことをこなさなければなりません。このことから、転職を考えて具体的な活動を始める前に、必要な資格などは早めに取得しておいた方が良いでしょう。

 

転職活動のスケジュールを組む

現職を続けながら転職活動をする場合には、1日・1週間・1ヶ月単位ごとにスケジュールを組んで、効率良く活動をする必要があります。無計画に活動をすると、面接を受けるタイミングが合わないこともあるので、ゆとりを持ってスケジュールを組むようにしましょう。

 

転職エージェントを利用して効率良く転職活動を行う

 

希望する条件を満たす会社が見つかった場合、その会社の仕事内容や雰囲気が自分に合っているかどうか事前に知ることができれば、入社後のミスマッチを防ぐことができます。通常、会社に入社して働き始めてから、ようやく会社の内情を知ることができるため、中には転職を後悔する方もいるかもしれません。

 

このような問題を解消するために、転職エージェントを利用するという方法があります。転職エージェントでは、希望する求人情報を紹介してくれるだけではなく、転職に関する様々な悩みに対して、的確なアドバイスをしてくれます。

 

条件を満たした自分に合った会社が見つけやすい

転職のプロであるアドバイザーの客観的な意見を聞くことができるので、自分に合った会社を見つけやすく、効率良く理想的な会社を絞り込むことができます。それだけではなく、求人内容だけでは分らない会社の業績や雰囲気など、実際に入社してみなければ分らない情報を、事前に知ることができるので安心です。

 

心にゆとりを持って面接を受けることができる

転職エージェントでは、会社独自の採用ポイントなどの情報も併せて知ることができるので、競争率の高い会社の面接でも、心にゆとりを持って臨むことができるでしょう。

 

仕事をしながら面接日程の調整をするのは、なかなか難しい場合がありますが、転職エージェントを通して転職活動をすればアドバイザーが面接日程の調整を代行してくれるので、時間を効率良く使うことができます。面接に関するアドバイスはもちろんのこと、履歴書の書き方なども丁寧に教えてくれるので、転職に関する準備を万全に整えることができます。

 

 

まとめ

衝動的に転職をしたとしても、その転職が良い結果に繋がることはないでしょう。

 

転職をする目的は何なのかをしっかりと見つめて、計画的に行動することが大切です。最も良い方法が、現状維持をしながら、計画的に転職活動をすることです。日頃からしっかりと準備をしておけば、理想的な求人に就くことができるでしょう。



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格