採用する側から見た時の応募面接者に対する期待内容

企業に就職する際は、面接を受ける事がほとんどです。書類だけではわからない人となりを確認する事が最大の目的です。新卒採用の場合は、何段階もの面接を経る事が一般的ですが、中後採用の場合は、ごく少ない階数で終わるのが一般的です。

 

書類選考を通過して面接に臨んでいるので、面接に臨んだ時点での貴方のライバルは、同様に書類選考を通過した姿が見えないその他の応募者という事になります。貴方が応募されるには、企業側に貴方を採用したいと思わせなければなりません。

 

短い時間で採用したいと思わせるには何かが必要なのですが、特効薬はありません。落ち着いていつも通りの貴方を見せる事ができれば、結果は自ずとついて来ます。無理して背伸びすると墓穴を掘る可能性の方が大きいので、自然体で臨むのがベストです。

 

そこで、採用する側は何を期待して面接に臨んでいるのかという観点のご説明をしますので、ご参考にされて面接に臨まれて下さい。

 

 

ポジティブな退職理由

現職の退職理由は必ず聞かれます。採用する側が期待しているのはネガティブではないポジティブな退職理由です。ネガティブな理由が期待されないのは、自社に就職後にも同じくネガティブな理由で再退職をする可能性があると見るからです。

 

ポジティブさ=やる気を見せる

ですが、転職者の気持ちの中には、必ず現職に対するネガティブな退職理由が存在しています。それを出さない事です。誰でもあるネガティブさを見せるのではなく、自分のしかないポジティブさを見せるのです。ポジティブさはやる気の表れです。それを欲しているのです。

 

入社後に何をしたいのか

何故この会社を選んだのかも聞かれますが、それよりもその先にある事が重要です。

 

つまり、入社できたとしたら何をしたいのかという事です。この事は何故この会社を選んだのかという理由にも通じる事です。採用側は、自社が良い会社だと思っているので、良い会社だから選んだという理由は不要です。

 

それよりも、貴方が入社したら何をしたくて、何ができるのかを聞いてみたいのです。こんな能力のある私を選ばないと御社は損ですよと思わせる事が大事です。これこそが、採用企業に貴方を採用しようと思わせる重要な部分です。

 

注意しなければならないのは不遜な態度で言わない事。

あくまでも謙虚な姿勢で、自分を採用しないのは得策では無いと思わせる事が大事です。

 

採用する企業は、この会社に入社させて下さいという貴方の願いを聞きたいのではなくて、貴方は何ができるのかを聞きたいのです。それが、納得できれば、企業は採用したくなる筈です。

 

素朴に人柄を知りたい

ポジティブな退職理由と、入社後の活躍意欲が見えたら、後は素朴に貴方のパーソナリティを見たいのです。

 

短気なのか呑気なのか。几帳面なのかいい加減なのか。人付き合いが良いのか孤独を好むのか。忍耐力があるのかすぐへこたれるのか。かわいらしいのか憎たらしいのか。意地悪なのか親切なのか。
人にはパーソナリティがあるので、そこを見極めたいのです。自社の社風に合うのか、職場に馴染む事ができるのか、人としての魅力で社内に和をもたらすことができるのか。企業は組織なので、和を以て尊しと為す場所です。

 

面接で緊張しているかもしれませんが、普段の貴方を見せて欲しいのです。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?面接では、緊張の余り普段通りの貴方でなくなる可能性がありますが、とにかく冷静にいつもの貴方でいて下さい。

 

そして無用に力む必要はありません。自然体で、ここに書いた3点に留意して臨んでみて下さい。きっと成功しますよ!



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格