どの求人もおなじに見える?そんな時に比較しておきたいポイント

求人情報を探していて「どの求人も同じに見える」なんて気持ちを抱いたことはありませんか。しかし、同じに見えるような求人であっても、実は比較してみるとどれも個性的な求人であることが解るものです。

 

そんな求人の違いを見つけ出すコツやテクニックを紹介していきましょう。

 

同じ営業職でも実は仕事内容が違う?

仕事内容が営業職となっている仕事であっても、その内実はかなり異なります。

    例えば、仕事内容が「営業活動」となっていても、
  • 「主に企業向けの営業活動」なのか、それとも
  • 「一般顧客向けの営業活動」なのかで仕事内容は大きく異なってきます。

 

こうした情報は紙面の少ない求人誌には載っていないこともありますから、仕事内容について問い合わせて更に深く調べてみると良いでしょう。

 

交通条件を比較する

実際に転職した際に痛感するのが交通条件の大事さです。通勤時間が少し違うだけでも、実際に働いてみるとその差はかなり大きいことがわかるもの。そのため、交通条件は必ず比較しておきたいことの一つです。

 

とはいえ、求人情報によっては記載されている交通条件が間違っていることもあります。例えば、「A駅から徒歩5分」と記載されていても、実際は10分以上かかるなんてこともあります。だからこそ、交通条件は実際に自分の足で確かめてみたり、地図で調べてみることが必要です。

 

福利厚生も様々

社保完備という文言にも理解を深めておく事が必要です。それは”社保”の定義も会社によって異なるからで、実際に転職してから後悔することにもなりかねません。

 

そのため、福利厚生について詳しく情報を記載している求人を選ぶようにするか、「どのような社保が利用できるのか」といったことを聞いておくこともポイントです。

 

実際に就職するまでの期間

これはとりわけ意識しておきたい比較ポイントです。給料や待遇が同じ求人であっても、応募してから実際に仕事を始めるまでの期間が異なることは少なくありません。

 

例えば、

  • Aの求人では応募してから採用まで1週間もかからなかったということもあれば、
  • Bの案件では応募後の書類選考の結果が来るまでに3週間以上待たされるなんてこともあります。

こうした実際に就職するまでの期間が長引けばそれだけ潜在的な給料を失うことにもなりかねません。特に早く転職したい場合にはこの点は重視しましょう。

 

そんな実際に就職するまでの期間を知ることは意外と簡単です。問い合わせるのももちろん良いですが、他にも転職エージェントに聞いてみたり、過去にその会社に転職した人の体験談を読んでみるのもおすすめです。

 

このよう手間なく知ることができますから、選考が長すぎる会社を選ばないようにするためにもしっかりと行っておきましょう。

 

転職者の割合を比較する

応募しようとしている会社の転職者割合を比較することもおすすめです。どれくらいの転職者がいるのかわかれば、転職後の待遇もより推測できるようになります。

 

例えば、

  • 転職者が多い会社は能力主義のところが多いですが、その反面で
  • 転職者が少ない会社は転職者には余り向いていないことも少なくないのです。

 

こうした転職者の割合は個人では調べにくい情報でもあり、転職エージェントに聞くのが一番手っ取り早いです。また、既に勤めている勤務者に聞くのも良いでしょう。いずれにしても、こうした転職者割合の違いは大きいですから、軽視しないようにしましょう。

 

会社の規模を比較する

会社の規模を比較してみることもおすすめです。規模が違えばそれだけ仕事内容だけでなく、転職後のキャリアも変わってきます。

 

例えば、従業員が50人程度の会社と、200人を超えているような会社では、仕事環境もガラッと違ってくると言っても良いのです。こうした会社規模の違いは求人からは掴みづらいこともありますから、会社のホームページなどを除いて調べてみると良いでしょう。

 

事業所がいくつあるかチェックする

転職を考えている会社にどれくらいの事業所があるかも調べておきたいところです。事業所が多ければそれだけ転勤の可能性も上がってきます。

 

そのため、転勤を減らしたい、同じ職場でなるべく勤務したいといった場合には事業所が少ない、もしくは本社しかないといった会社の求人を選ぶようにすることもおすすめです。

 

まとめ

このように求人選びの際の着眼点は多いものです。紹介したようなポイントをしっかり比較すれば、おなじに見えるような求人毎の差もより明確になるでしょう。

 

転職時に比較しておきたい重要ポイント
  • 仕事内容の詳細を比較する
  • 交通条件や福利厚生を比較する
  • 実際に転職するまでの期間は?
  • 転職者の割合も重要
  • 会社の規模及び事業所数も見落とさない


トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格