中高年就職の不採用理由とは

中高年就職の不採用理由とは

 せっかく数少ない求人に応募しても中高年が就職で不採用になるには、面接時のスキル経験レベルから話し方や態度が原因によることが多々あります。そこで、中高年が不採用になりやすい理由を知っておくことで、これからの活動に活かすことができます。

 

 企業が中高年採用に求めるものは、業務に対する豊富な経験やスキル、人脈、管理能力がある即戦力になる人で、かつ順応性や柔軟性といった人柄がよい人材です。よって同様レベルの候補者がいればより高い即戦力がある人材を求めますので、 自分の経験やスキル能力を見極めておく必要があります。

 

おすすめ関連記事

 

コミュニケーション力

 例えば、せっかく専門的能力や高い技術レベルがあってもコミュニケーションが苦手であれば、企業の中では組織人として職場の同僚や他部署に馴染むことができません。また、謙虚過ぎても自信がないように見られるため注意が必要です。

 

 反対に、過去の華々しい実績を強調しすぎて過去の会社の話題ばかりすることは、転職先にとっては良い気持ちはしないため企業に合わせられない人材と見られてマイナス評価となります。さらに、プライドが高すぎて仕事を選んでいるように受け取られると、企業は扱いづらい人材と懸念します。

 

継続力

 中高年向けの求人は決して多くないため競合も多くなります。自分では実績があるつもりでも企業のニーズにあっていなければ採用はされません。それでも豊富な経験やスキルを買って実際の採用年齢よりも上であっても、中高年就職者を積極的に求めて採用する企業も増えています。

 

 どこにチャンスがあるかわかりませんので、常日頃から同業や異業種の人脈を築き、自分にしかないスキルを身につけておくことが大切です。中高年の就職は、あきらめずにドアを叩き続けることが成功の秘訣かもしれません。

 

 

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格