離職期間が長いのですが、転職を成功させるにはどうすればいいでしょうか?

 転職をする場合に前職を退職して離職期間が長い場合には、一般的には転職には不利になります。そのためまずは応募書類に、なぜ離職期間が長いのかを書いたほうがいいでしょう。

 

 退職して転職先がなかなか決まらない場合でもそれをそのまま正直に書くよりも、その期間にいかに有効に過ごしていたかをアピールするようにしてください。もしその期間に何かの資格を取ったり、セミナーを受講したのであればそれをアピールします。

 

面接でのポイント

 それは面接でも一緒で資格を取得したり何かセミナーを受講したのであれば、取得した資格やそのセミナーが求人側の会社や企業の業務にいかに役立つかをアピールします。もし資格を取得したり何もセミナーを受講していないのであれば、充電期間として長期で旅行に行っていたとか離職期間を有効に活用したことを伝えましょう。

 

 

人事担当者が聞きたいこと

 これは求人側の会社や企業もあまり離職期間が長いと、いい人材と思っても採用に迷います。本当であれば出来るだけ離職期間が短いうちに、早く転職先を決めることが理想です。またもし離職期間中になかなか転職が決らずにアルバイトなどをしていたのであれば、それも正直に話したほうがいいでしょう。1番求人側の会社や企業の人事担当者が知りたいのは、離職期間に何をしていたかです。

 

 

まとめ

 転職が決らずにアルバイトなどをしていたのであればまだ分かりますが、もし1年も2年も何もしていない期間があるとすればやはり転職を成功させるのは難しくなるでしょう。最後に離職期間が長いことは不利であることに間違いありませんが、人事担当者が本当に欲しい人材と思えば採用すると思います。つまり離職期間が長いことよりも、本当に欲しい人材と思ってもらえるかどうかです。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格