求人の「年齢不問」は本当?落とし穴に要注意!

求人の「年齢不問」は本当?落とし穴に要注意!

「年齢不問」は無意味

 2007年10月1日に雇用対策法が制定されました。募集・採用における年齢制限を禁止となりました。この制限により、「中高年」を入れたくない企業も年齢制限できなくなります。

 

求人の「年齢不問」は本当?落とし穴に要注意!

 

 そもそも本当に「年齢不問」などの募集は無いと思ったほうが無難です。企業側から言わせればどんな仕事でも希望する対象年齢は有るはずですので「年齢不問」の幻想に希望を託して見ても絶望しかありません。

 

 ハローワークで様々な書類に指導された通り記載はしても実際は自分の年齢以上の求人には応募の段階でお断りの返事がそこの企業から窓口に電話で返答されるのが現実です。

 

 どうやら.ハローワークという所は無料で求人を掲載してくれるので常時求人を載せて置いて実際には求人をしていなくても、ひょっこりと掘り出し物の人間が応募してきたときには本気にで採用を考えるという寸法なのです。

 

 年齢不問とか対象年齢20〜55歳と仮にあっても気が向いて採用してくれるのは20〜30歳止まりが相場ですので年齢不問の会社に書類郵送で面接までいったことがない人が殆どです。

 

 

実際に年齢を制限している(中高年がNG)
求人広告の表記例

 

@社会人経験〇〇〜〇〇年 ・・・・ 比較的に少ない数字だと30代以上はNG
A最終学歴卒業年度が平成20〜平成24年 ・・・・ 30代以上はNG
B若手社員の写真だけ載せている ・・・・ 35歳以上はNG

 

など

 

2013年前の中高年の転職事情

 30代の転職すら厳し昨今で40代の転職は余程のコネや実力がなくては難し世の中でした。

 

 いくら過去の栄光があって営業職で数々の実績を上げた人でも、あるいは管理職も経験し部下の管理・育成・指導をしてきた実力派人間でも会社を一旦離れてしまえば唯のおじさんです。

 

 特に営業の世界では40代までに色々と会社を渡り歩いてきた人は多いです。住宅販売から自動車販売と営業はどれも同じ販売が基本ですから業種は問わずある程度の成功は納めることが出来るので営業職は転職者にとっては嬉しい職業なのです。

 

 しかしヘッドハンティングも経験した御仁であっても転職は相当に厳しいようです。これまで生きてきた同じ日本なのかと思える程オーバーな言い方をしたくなるほど切ないムードがただよっておるのが今の平成社会の現実。

 

 30代でもやっとの思いで転職出来る御時世の中で40代の転職は絶望とまで言えます。前職を考慮しないでハードルを落とせば残る職種は土建業か警備会社しかなくちょっと欲張って運送業での小荷物集荷程度しかありません。

 

2013年からの中高年の転職現状

 2013年から、特に2014年に嬉しいニュースがありました。2014年の転職市場は「銀たま採用」がトレンドに、社会経験が豊富な40代〜50代の採用意向が高まるそうです。

 

求人の「年齢不問」は本当?落とし穴に要注意!

※データ出典:リクルートキャリア


 

中高年が良く利用する転職サイトの例

 

@リクナビNEXT ・・・・ 中高年向け求人情報量業界No.1
Aリクルートエージェント ・・・・ コンサルタント付き

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格