中高年はスキルや経験があるのになぜ転職が難しくなるのですか?

中高年はスキルや経験があるのになぜ転職が難しくなるのですか?

 

確かに中高年になると転職の可能性が非常に狭まってしまうという現実があります。

 

まず、中高年の持っているスキルや経験が本当に市場価値の高いものなのか、という部分を考えなければならないでしょう。

 

同じ会社でずっと勤めてきた中高年の人は、その会社ではスキルも経験も持っていると評価されているのかもしれませんが、それが他の業界や職種、あるいは企業でもそのまま評価してもらえるとは限りません。

 

井の中の蛙と言ってしまうと表現が悪いかもしれませんが、中高年層にはそうした人も少なからずいるため、そうした人が転職しようと考えた時に市場のニーズとのギャップによって転職が困難になるというケースが少なくないのです。

 

また、そうした人は自分のこだわりや転職先に求める条件を妥協できないという特徴も持ち合わせています。転職先の理想が高いが故に、それに見合う転職先が見つからず、見つかったとしても採用してもらうことができずに失敗に終わるというケースも多々あるのでしょう。

 

企業側から見た時には、少々扱いにくい現状もあるようです。スキルや経験があっても、それを発揮してもらえる期間が少ない、中高年に対して企業はそう考えるため、よほどの即戦力として認められない限りは受け入れられないとする企業がほとんどなのです。

 

しかもスキルや経験があると自負している中高年層にはある程度の賃金を支払わなければなりません。だったら少し若い人を安い賃金で雇い入れ育てていった方が、長期的に見れば企業にとってのメリットが大きいと考えるのも自然なことなのでしょう。

 

雇い入れた中高年層が思ったような働きをしてくれなかった時のリスクを企業側は考えます。若い人なら成長に期待できますが、中高年層ではそれができない。そう多くの企業が考えるので、年齢が上がれば上がるほど転職が難しくなってしまうのです。

 

その他の質問:
転職したいけど不安です、転職して失敗したと思っても立て直せますか?
求人倍率が高い企業へ応募しようと考えています。これをやっておくと良い的な秘策ってないですか?
給料が安いのが理由で転職をするのはアリですか?



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格