中高年になって転職先を探すときに有効な方法は何?

効率的に求人を探す媒体

 一般的に言われるのは、求人誌や求人サイトでは、「若年層雇用」や「未経験者募集」などが多くて、中高年になってからの就職で便利に使えたのは、厚生労働省のハローワークという意見もあります。

 

 地域や職種によっては、ハローワークの求人票に登録が集まっている場合もありますが、現在では転職エージェントサイトなど、中高年の就職を支援してくれる会社(それに付帯するWEBサービス)も多くあるので、一概には判断できないでしょう。

 

 どういったチャンネルで就職先を探すのかは、お住まいの地域にもよるかもしれません。地元の中小企業にあたるならハローワークも有効ですが、全国対応のの求人サイトのようなサービスもありますから、総合的に情報を検索してみるのが正社員雇用への成功の道だと考えられます。

 

 

業界外のことは相談すること

 また、一つの会社に長く務めていた場合などは、業界の外の出来事に疎くなっているかもしれませんので、キャリア・コンサルタントに相談ができるWEBサービスに利用者登録したり、そういった会社に相談してみるのも良いでしょう。

 

 中高年からの就職は、簡単に次に移ることができませんから重要です。自分の考えや、身の回りにいる人の意見だけで判断するには、早急な場合もあるでしょう。

 

 できるだけ、広い範囲から情報を集めることが大事だと考えられます。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格