40代の給料の価値観

妻40代、給料20万前後(事務職・簿記2級)です。給料が少ないので転職したいと言っていますが、妻の給料は少ないのでしょうか?

 

 

共稼ぎなら奥さんが20万前後稼いでいるなんて、十分恵まれた環境だと思いますよ。

 

最近でこそ正社員・共稼ぎ世帯が増えていますが、40代の主婦となるとパートという人が多いかと思います。パートだと1桁かあるいはもらっても10万そこそこですよね。

 

そう考えたら20万円はかなり高級取りです。もし単身であったとしても、20万あれば1人暮らしで十分やっていけると思います。こんな時代ですから、仕事があるだけありがたい時代と思った方がいいのかもしれません。

 

40代となるとますます就職は厳しいため、選択肢を広げるなんてことはもちろんできません。現状維持がベストかと思います。もっと高額の給料がほしいといなれば、自営業で成功するより他ないと思います。自営業もいいときはいいですが、駄目なときは大変なためそういったことも覚悟しなければなりません。これまで事務職としてしか働いてきた経験もなく、例えば趣味で物作りをしているなどがなければ、自営業への転職も現実的ではないでしょう。

 

40代で50万円もらうといった人は、ごく一部の大企業勤務の総合職の人たちです。総合職となれば、日本だけではなく世界各国への転勤も覚悟しなければなりません。子供の学校のことやさまざまな面で出費もかさむものです。地元にいる特権というものあります。地域にもよりますが、多少給料が少なくても仕事が安定しているのであり、40代であれば現状維持を意識したほうがいいのでは?と感じます。

 

転職するにしても現状を維持しつつ探してみて、さらにいい仕事があったら転職を検討してみてはどうでしょうか?現在簿記2級を取得されているとのことで、1級にチャレンジしてみてから転職を考えるといった手もありますよね。介護業界等で経理も募集しているので、そういった求人を狙ってみるのも1つの手です。

 

実際にどのような会社や職業に転職したいか聞いてみてはどうでしょうか。それが現実的なものであればチャレンジしてもいいでしょうし、夢物語のようであれば、「今のままで十分である」と説得する必要が出てくるでしょう。

 

何れにしても、もし転職するのであれば、今の職を失わないよう在職中に活動することをお勧めします。リスクの回避策を講じておくことは転職希望者にとっては必須のこと。そのあたりを押さえながら次の行動に出るようにお伝えください。

 

また、もし現在の収入に満足がいかないのであれば、副業を試してみるという手もあるかもしれません。自宅で手軽にできる副業もあるでしょうし、仕事帰りや休日を利用して行える副業もあるでしょう。そうして全体の収入を増やすことができれば、わざわざ転職を考える必要はなくなるのではないでしょうか。

 

40代でもし仮に転職するとなると、今よりも収入は下がる可能性が高いはず。事務職への転職であればなおさらです。そうしたことも考慮し、失敗がないように慎重に考え行動しなければならいことも覚えておきましょう。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格