一時的に派遣で転職するにはどういう方法があるの?


転職活動が一番スムーズに進む理想的な形としては、現職を止めないままに次の仕事(正社員としての)が決まるパターンですね。
その一方で、リストラや会社の倒産などでやむを得ず退社しなければならなくて、次の仕事が決まっていないという事態になってしまった場合には、何か派遣での仕事をしながら正社員採用の次の転職先を探すという手段もあります。

 

 転職活動に集中したい気持ちも分からないではないですが、収入の面での心配もあるでしょうし、転職には全く何も仕事をしないブランク期間というのはあまり良い結果に結びつかない事が多いと受け止められているからです。

 

 派遣で仕事をするに当っても形態はおよそ2通りあるのをご存知でしょうか?

 

 ・一つ目は特定労働者派遣のシステムを利用して働く方法で、派遣先の企業への派遣は、元の派遣会社のスタッフとしての仕事を請け負うことになります。
ですので、あなたは派遣会社に登録をし、その派遣会社から給料を頂く形になりますし、仕事の無い期間でも派遣会社から給料がもらえる点がメリットです。

 

 ・二つ目は一般労働者派遣のシステムを利用して働く方法で、登録先から仕事を紹介してもらった後の雇用関係は、あなたと派遣先の企業とが結ぶ事になります。
ですので、仕事の無い期間にはどこからも給料がもらえません。

 

 転職期間中の不安を少しでも少なくするためには、特定労働者派遣システムを利用した方がゆったりとした気持ちで仕事をしながら転職活動を継続することができるかもしれませんね。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格