さまざまな職種を転々として一貫性がなく、職歴を説明しづらいです。どうしたらいいでしょうか。

さまざまな職種を転々として一貫性がなく、職歴を説明しづらいです。どうしたらいいでしょうか。

 

 

多くの企業は、さまざまな職種を転々としている職歴には、確かにあまりいいイメージを持たないのかもしれません。しかし、その職歴を変えることはできませんし、応募書類に嘘の記述をしたり面接で嘘を言うこともできないため、どうにかしてその職歴を前向きに捉えてもらう方法を考える必要が出てきます。面接対策を行う際には、特にここに注力するよう心がけてみましょう。

 

例えば、さまざまな職種を転々としているということは、他の人では得られない経験をしているとも言えるはず。普通は同じ職種で転職を試みますが、そうではなく、あらゆる職種を経験することでしか出せない特徴や能力がそこにはあると説明することができれば、極端に悪いイメージを持たれることはないはずです。

 

もちろん、選考を受ける企業や応募する職種に、これまでの経験がいかに生かせるのかを上手に説明できることが大前提となりますが、それがクリアできれば多くの職種を経験していることは、むしろ武器として活用することができるでしょう。

 

また、さまざまな職種を転々としたからこそ、“自分が本当にやりたいこと”を見つけることができた、といった説明も付け加えれば、それも立派な志望動機となり、悪いイメージを持たれることを回避できるのではないでしょうか。

 

職歴の説明に関しては、上記のことを意識しつつ、それぞれの職歴がどう今の自分の形成に役立ったのか、また、それがどう応募先企業への貢献に役立つのかを具体的に表現できれば何も問題はありません。

 

これまでの職歴を、あなた自身が否定的に捉えないこと、この意識をまずは持ってみましょう。そうすれば、一見一貫性がないような職歴であっても、そこに現在の自分自身や将来を形成するのに欠かせない“何か”が見出せれば、そこには立派な一貫性が生じると考えることができるのではないでしょうか。

 

 

 

その他の質問:

 

転職で大変なことは何ですか?
転職後の業務内容がまったく別の仕事だった。どうするべき?



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格