転職で大変なことは何ですか?

転職で大変なことは何ですか?

 

もしあなたが在職中に転職活動を行うのであれば、現在の仕事をこなしながら、しかし転職活動にも注力しなければならないところに苦労を感じることになるでしょう。

 

転職活動を行うからといって、1日が24時間以上に増えるわけではありません。自分の脳や身体が2つ以上になることももちろんありません。限られた時間の中で、自分の力を最大限活用して仕事も転職活動もこなさなければならないわけですから、体力はもちろん、気力も必要になってくるはずです。

 

在職中の転職活動は会社の人間にそれを知られてはいけないのが鉄則ですから、それによって精神的なストレスを強く感じることも多々あるでしょう。

 

では退職してから転職活動を行えば大変なことは一切なのかと言えば、もちろんそんなことはありません。仕事を辞めてしまうと転職活動に集中できるという点で見れば余裕が生まれるのですが、その分、例えば収入が途絶えるので生活の水準を落とさなければならなかったり、何ヶ月も無職の状態が続くと心理的にもしんどくなったりなどは、当然考えられるはずです。

 

1社に応募し、そこから内定をもらい転職を成功させるという人はほとんどいません。多くの転職希望者が数ヶ月の期間をかけて10社や20社といった数に応募し、やっと内定を受け取ることができるのです。つまり、こうしたストレスとも戦っていく必要が出てくるということ。これも転職で大変なことだったと、転職経験者が口を揃えて言うことではないでしょうか。

 

活動を進めていくと、次第に「何が正しいのか」がわからなくなってくるようです。それでも軸をブラさずに続けていくことができるかどうか、これはもう自分との戦いでしかありません。それに打ち勝つことも、大変な作業や葛藤となることは間違いないでしょう。

 

 

 

その他の質問:
さまざまな職種を転々として一貫性がなく、職歴を説明しづらいです。どうしたらいいでしょうか。
転職後の業務内容がまったく別の仕事だった。どうするべき?



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格