転職後の業務内容がまったく別の仕事だった。どうするべき?

転職後の業務内容がまったく別の仕事だった。どうするべき?

 

転職直後は企業の中で働くことに慣れてもらうために、敢えて本来の業務とは異なった仕事をさせるということも無くはないでしょう。そういった形ではなく、事前に何の相談も告知もない状態で、採用前の約束とは全く異なった業務を担わされているのであれば、少々問題が出てくるのかもしれません。

 

とりあえずは、直属の上司に相談してみてください。あるいは、採用担当者に尋ねてみるのもいいでしょう。「採用前は別の業務を任されると聞いていたのですが、現在はそうなっておりません。どういうことでしょうか」などと聞いてみれば、現在の状況についてしっかりと説明してくれるはずです。

 

「今空きがないから、もう少しして空きが出たら約束通りの業務をこなしてもらう」とか、「最初の数ヶ月は今の業務を行って欲しい」などと言われた時、それを鵜呑みにする、あるいは納得するかどうかは、あなた次第です。会社側の説明に誠実さが全く感じられないようであれば、再びの転職を考えてもいいのかもしれません。

 

それ以前に、入社してみたら採用前の約束のような業務を担っているような会社では、そもそもなかったという場合には、すぐに転職のために動き出した方がいいでしょう。完全に騙して採用させたわけですから、そのような会社で働き続ける必要はありません。

 

確かに入社早々辞めて転職するというのは、次の転職先を探す時にはあまり良い材料とはなりませんが、そういった事情があったことを面接時などに丁寧に説明すれば、次の応募先企業の採用担当者もある程度理解を示してくれるはずです。

 

自分が置かれている状況、会社の状況、上司の説明などを冷静に精査した上で決断するようにしてください。そのまま働き続けるにせよ、退職して再び転職を目指すにせよ、決断を間違えると、それこそあなたのキャリアに傷をつけてしまいます。そんなことにならないように注意しましょう。

 

 

 

その他の質問:
さまざまな職種を転々として一貫性がなく、職歴を説明しづらいです。どうしたらいいでしょうか。
転職で大変なことは何ですか?



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格