転職活動で何が悪いのかわからない【中高年全般】

 

中高年ですが、就職活動で苦労しています。なにが悪いのかがよく分かりません。アドバイスをお願いします。



 中高年での就職活動は書かれているように求人のほとんどが、管理職を求めていてハードルが高いのが現状です。また近年は多くの会社が業績不振で、中高年を対象にした人員整理を行っています。そのため巷には就職活動を行っている中高年がたくさんいるので条件が良い求人案件には、募集人員が1人でも100人ぐらいの応募があるのも珍しいことではありません。

 

 中高年の方であれば中間管理職の経験者も多いと思いますが、求人を出している会社では即戦力の人材を求めています。書類審査を通過させるためには、これまでのご自分の仕事の実績をより具体的に分かり易く記載することです。それもできれば数値で表せるのであればグラフにしたり、工夫することで人事担当者の目を引きます。ただどこの会社も中高年の方の場合は新卒で入社してから、他に転職せずに長く勤務された方を望んでいます。そのためこれまで何回か転職の経験がある方の場合は、書類選考で落とされる可能性があります。

 

 また前職でのキャリアや人脈で応募した会社の売り上げに、貢献できる自信があればそれを強くアピールしてください。会社の売り上げに繋がることであれば、人事担当者も興味を持って会ってくれるでしょう。あとは面接でそれが、どれぐらいの信憑性があるかです。それと就職先の探し方ですが中高年の方だとハローワークで探す方が多いと思いますが、転職サイトや転職エージェントにも登録することをお勧めします。ハローワークにはないような、中高年の方の求人案件が多数あるからです。それとこのような転職エージェントであれば、専任のアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれます。



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格