管理業務主任者は中高年の世代に適している資格

管理業務主任者は中高年の世代に適している資格

 管理業務主任者は、マンションを良好な環境に保つための運営業務を行える資格です。マンション管理会社で働いた後、経験を積めば独立する事も可能な仕事になります。

 

 トラブル対応・資産価値の維持、マンション管理組合へアドバイスをするなど専門的な知識が必要になります。

 

年齢、学歴を問わず取得することが可能な資格

 

 

 

 受験資格は年齢や学歴などの制限がなく誰でも受験することが可能ですが、受験は一年に一度なのでタイミングに合わせて勉強する必要があります。

 

 試験地は、北海道・宮城県・東京都・愛知県・大阪府・広島県・福岡県・沖縄県の8地域で行われていて、受験料は8,900円です。

 

 マンション管理士と似ているイメージがありますが、管理業務主任者が専門家としての管理が必要なのに対して、マンション管理士はユーザーに寄り添った側の専門家という点で異なっています。

 

 宅建とも似ているイメージがありますが、近い分野ではあっても管理業務主任者の方が難易度は低いです。

 

 

 

社会経験が長い人材の方が安心感を持たれやすい仕事

 

 

 

 現在マンションは新築物件も数多く建てられていますが、実は日本のマンションの四分の一が築年数20年を超えていると言われています。

 

 現在既に沢山のマンションが存在しているだけでなく今後も増えていきますので、その分マンションの管理運営が出来る人が求められるようになるでしょう。

 

 

 マンションの管理運営については、年配の方と接する機会が多く若い世代の人材よりは社会経験を積んでいる人のほうが安心感を持たれることも少なくありません。

 

 その点を考えると、中高年の就職先として管理業務主任者は適していると考えられます

 

 

 

 

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格