中高年の就職では、情報セキュリティスペシャリスト試験への合格-にチャレンジしよう!

中高年の就職では、情報セキュリティスペシャリスト試験への合格-にチャレンジしよう!

 現代の情報化社会は技術の進化だけではなく、それを整備したり、万が一のトラブルや外部からの攻撃による緊急事態などの際にも対応できる専門知識を持ったエンジニアの存在によって維持されています。

 

 そこで厳しいと言われる中高年の就職や転職の際でも、企業から注目されやすいと考えられるのが情報セキュリティスペシャリスト試験への合格者です。

 

セキュリティ以外にも幅広い知識

 

 情報セキュリティスペシャリスト試験は国家試験の一つで、現代の情報化社会の中で専門知識を活かして、業務がスムーズに行えるようにサポートする高度な技術者を認定するものです。

 

 IT関連の認定試験の中でもトップレベルの知識を持つ者として認められる資格ですので持っている事の価値も相当高いかと思われます。

 

 

 ただ、受験者にとっては、データベースやネットワークの知識を始めとし、セキュリティやシステム開発技術他の幅広い知識が要求されるので、確かにハードルも高めとの試験と受け止められがちです。現に合格率も15%以下という結果からもその様子が伺えます。

 

 その反面、試験には応用情報技術者試験に合格している人などは共通問題(午前I試験)を免除されるなどの幾つかの好条件が有る点も見逃せません。

 

IT就活で一歩リード

 

 近年の中高年の転職や就職市場は数年前に比べれば幾らか活性化されつつあるものの、結局は本人のスキルやそれを実際に活かせる力のある人が勝ち残れる状況には変わり有りません。

 

 ですので、ライバルに負けない為にも敢えて難関とされる情報セキュリティスペシャリスト試験に挑戦し資格保有者を目指してみてはいかがでしょうか。就職活動にも明るい見通しとなることが期待できるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格