中高年の就職を有利にするための資格は?

 

現在40代なのですが、前の職場が倒産してしまい無職になってしまいました。就職活動をしようと思っているのですが、何か持っておくと有利になる資格などはありますでしょうか?



 中高年の就職活動は、若い人に比べるとハードルが高くなります。若い人の場合には有利になるような資格であっても、中高年の就活では役に立たない。そのような資格もあります。

 

 グローバル化が進んできていますから、TOEICなど語学に関する資格を持ていることは必須と考えた方がよいでしょう。年に何回も行われている試験ですので、ぜひとも受験するようにしましょう。700点以上得点しなければ、あまり有利にはならないかもしれません。

 

 中高年の場合、中小企業診断士の資格は特に有効です。経営・経済に関する知識・スキルがあるでしょうから、それを証明する上で役にたつ資格です。コンサルとしてのノウハウがあれば、かなりの企業が雇い入れてくれるはずです。

 

 その他、司法書士や行政書士など難関資格と言われている資格を持っておくと有利になるかもしれません。FP3級や簿記検定3級・2級などは、中高年ではあまり効果を発揮しない可能性があります。

 

 ただ、資格取得に専念するあまり、就職活動がおろそかになってしまうと意味がありませんん。就活を第一に考えつつ、同時並行して資格取得を目指していくようにするといいでしょう。履歴書に穴をあけないということを忘れないようにすることが大切です。

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格