中高年の為の就職サイトランキング

中高年におすすめの介護職員初任者研修修了者(旧ホームヘルパー)資格

 ホームヘルパーは、介護に関する仕事に役立つとして今まで人気の資格でしたが、2013年の4月から廃止され、介護職員初任者研修修了者という名称に変更されます。福祉に関する資格が複数あったために、既存の資格が見直されて分かりやすいようにシンプルに見直されました。ホームヘルパーに関しては2級と1級がありましたが、2級に該当するのが介護職員初任者研修修了者になり、1級の場合には実務者研修を経て介護福祉士の資格が同等になります。

 

 介護職員初任者研修修了者の試験に関しては比較的難易度は低く、今まで勉強した内容が理解できていれば試験には合格する程度と言われています。資格の基本知識の実務と実践にあたりますので、介護に関する資格の中では一番難易度が低いものと考えることが出来るでしょう。

 

 ホームヘルパー1級の資格を持っている場合には、実務者研修の時間が355時間免除となります。介護職員初任者研修修了者の次の資格になる、実務者研修の講習を受けることで、介護福祉士の資格に進むことができ、介護の仕事をする場合にはキャリアアップにも繋がるでしょう。

 

 中高年の就職を考える場合に、ホームヘルパーの資格を持っていないとすれば、まずは介護職員初任者研修修了者の試験の資格を取得することおすすめします。何の資格も持っていないよりは就職に有利になります。ホームヘルパーの資格を既に持っている場合には介護福祉士の資格をとることによって、さらに福祉関係の仕事の幅が広がるでしょう。

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格