医療事務の試験は就職に有利か

 中高年が再就職を考えたとき、これまでの経験を活かして前職と同じ業界・業種で転職を目指すほうが得策です。しかし、残念ながら中高年が多く占める管理職のポジションは年々減少の一途をたどっています。そのため全く違う分野へ転進を余儀なくされることも多いでしょう。

 

 中には資格を取って転職を目指す人もいることでしょうが、今回は、女性に人気の医療事務について考えてみたいと思います。

 

 医療事務は、医療機関内で患者と医師とのパイプ役になります。病院、歯科医院、診療所、調剤薬局などで事務の仕事を行います。主な業務は医療費を算定して健康保険組合などに請求するのがレセプト業務であり、そのほか医療機関にもよりますが、処方箋窓口業務、病棟クラーク業務、カルテ管理、予約・受付業務、電話応対、会計業務、薬品の発注業務と納品確認など多岐にわたります。患者さん相手の仕事も多く、事務とサービス業を伴うことになります。

 

 この医療事務、子育てと両立したい女性に人気の職であり、現在、試験の合格者が飽和状態となっています。そのため試験に合格しても職がないという状況に陥りやすくなっています。
じつは医療事務には特別な資格は必要ではないのです。ですから試験を受けずに働いている人もいます。求人側でも未経験者を雇うより、経験者を求める傾向が強くなります。未経験者であれば正社員への道は厳しいものだと覚悟が必要です。

 

 このように買い手市場となっているため、中高年が試験に合格しても就職は大変難しいものがあります。ですから就職に有利とは言えません。中高年であれば、医療事務を目指すよりも介護職員初任者研修課程の方が職につながることでしょう。

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格