デスクワークでの再就職を目指す人のための資格試験

デスクワークでの再就職を目指す人のための資格試験

 日本の景気は回復しつつあるようですが、中高年の就職は前途多難と言えるでしょう。中高年が就くべきポジションは減少の一途を辿っております。景気が回復したとは言え、組織のスリム化を目指す企業の中には中高年のリストラを敢行する所もあることでしょう。

 

 これまでデスクワークであった中高年は、相当のリーダーシップとマネージメント能力を持つ人でない限り、再就職探しの際に苦労することが予想されます。

 

 急速なIT化により、デスクワーク作業は簡素化し、OA機器に仕事を奪われています。残された仕事は前記した相当なリーダーシップとマネージメント能力を持つ一部の人か、OA機器への入力業務くらいでしょうか。OA機器の操作が苦手な中高年はデスクワークへ再就職を目指すことは不可能です。

 

 一般的に最新技術の取得は若者のほうが得意だと言われています。中高年はパソコン操作を苦手とする人が多いというイメージがあるため、デスクワークへの再就職を目指すなら、パソコン関連の資格を取得したほうが良いかもしれません。

 

 「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」はパソコン資格の代表的な資格です。Office製品を販売しているマイクロソフト社認定の試験だからです。Office製品に含まれる「Excel」「Word」「PowerPoint」「Access」の中から受験科目を選び、操作能力や理解度を試されます。

 

 「Word」と「Excel」には、下級の「スペシャリストレベル」と、上級の「エキスパートレベル」があります。Word はしっかり勉強すればエキスパートレベルも合格可能ですが、Excelは若干難しいため普段使わない人ならスペシャリストレベルを受けた方が良いかもしれません。

 

 受験後直ぐに合否が判明するため、履歴書にも直ぐに記載できるのが嬉しい点です。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格