30代の転職と宅地建物取引主任者資格

30代の転職と宅地建物取引主任者資格

 30代で不動産関連業界未経験で、宅地建物取引主任者試験を受験する場合には、取得後の転職の可能性も見極めて受験する必要があります。

 

 この受験は年齢や学歴など一切関係なく、誰でも受験できるため敷居が低いように思われますが、合格率は20%以下で5人に1人しか受からない難しい国家試験です。時間をかけて取得しても転職に役立たないこともあることを理解しておく必要があります。
 しかし、不動産業界の経験がなくても、金融機関や一般企業で遊休管理業務、出店計画など不動産に関連するような経験をしていれば、30代で転職するための武器になることもある資格です。

 

 たとえば、不動産関連業務には消費者保護の観点から法律や規制で定められている項目が多いため、法律的観点から説明できる能力がある人が必要になります。そこで、宅地建物取引主任者の仕事は、重要事項説明と重要事項説明書に記名押印及び契約書に記名押印する業務があります。

 

 マンションや土地といった不動産関連商品を扱う業者は、事務所の5人に1人の割合で専任の取引主任者を設置する義務があり、大企業では多くの宅地建物取引主任者が必要になります。そこで資格手当を出して資格保有者を確保しています。

 

 マンションの建設及び管理業者、金融機関等でもその資格を有効利用できるため、30代で宅地建物取引主任者をもっていて前職などで不動産関連業務を経験していれば、転職する場合には非常に有利な資格となります。

 

宅地建物取引士の資格ならこのサイト

30代の転職と宅地建物取引主任者資格

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格