中高年の社会経験を生かした「中小企業診断士」


 中高年で再就職を目指すか、独立開業を目指すか悩まれる方も多いことでしょう。もしもコンサルタントとして独立開業をめざすのであれば「中小企業診断士」の資格取得がお勧めです。

 

 中小企業診断士は、中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する国家資格です。「経営の診断及び経営に関する助言」を業務とする士業の一つです。ただし『中小企業診断士』には公認会計士や社会保険労務士等の『独占業務』が有りませんが、この資格があると公共のコンサルタント的な仕事が発注できます。

 

 資格取得後、独立開業する人は3割程度にとどまり、7割の合格者は「企業内診断士」として組織に残っています。「企業内診断士」が独立開業を予定していない理由として経済的な不安とともに能力不足を上げる人が多くいます。業務の性質上、卓上の知識だけでは解決できない問題も多く、独立開業するならば、海千山千の中小企業の社長を相手にコンサルタントを行う必要があります。資格を取得してもそのレベルに達していないと判断して、独立開業を行わない人が多いのです。

 

 逆にコンサルタントは「中小企業診断士」の資格がなくても独立開業することが可能です。資格以上に経験と営業力が重要であり、この二つがなければ開業しても収入につなげることは難しいでしょう。ただ、名刺に国家資格である「中小企業診断士」の肩書きが刻まれれば、顧客にも安心感を与えられますから独立開業するなら目指したいものです。

 

 「中小企業診断士」は難関資格と言われていますが、実地で企業の経営を見てこられた中高年なら、やり方次第では取りやすい資格と言えるでしょう。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格