参考までにIT業界の民間認証資格「マイクロソフト認定プログラム(MCP)を紹介


 マイクロソフト認定プログラム(MCP)をご存知でしょうか? マイクロソフト社が主催するベンダー資格です。一民間企業の認証資格となりますが、ITが社会生活に浸透した現代、その大部分を占めるマイクロソフト社が主催している資格ですからIT業界でのMCPの認知度は大変大きなものになります。

 

 受験対象者は、システムエンジニア、システムインテグレータ、 コンサルタント、プログラマー、トレーナーなど、コンピュータや情報システム関連の技術者となりますが、特に受験資格はないので誰でも受験できます。

 

 ただし、2012年4月に新システムを導入後、試験レベルも高度なものになっているため、まったくIT業界の知識のない素人が就職活動を有利にするため受験するのは考えものです。いくらIT業界では知名度が高くとも、MCP自体は他業種での価値はほとんどありません。IT業界以外のシステム部門で働くのなら勉強にはなるでしょうが、面接担当者がMCP自体を知らない場合もあるでしょう。

 

 ITの勉強のために何か資格の勉強をしたいと考える中高年であれば、認定プログラムの入り口となるMTA(マイクロソフト テクノロジーアソシエイト)までならば基礎的な知識を学ぶことができます。ただし全くIT知識のない人にはかなり難関となるでしょう。また、MTAを取得したからといって中高年の再就職に有利に働くことは考えにくいので、自己研磨の一貫として位置づけるといいでしょう。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格