中高年でも社会保険労務士試験を最短突破できる勉強法


 中高年の方は、新しいことを学び記憶・暗記する能力が低下してきていると一般には言われています。そのため、新しいジャンルに挑戦する気力を失っているケースも多いようですが、実際には学べば学ぶほど知識を身に着けることができます。年齢と記憶力はそこまで関係ない、との実験結果もあります。理解力・読解力などに関しては、歳を重ねれば重ねるほど高まりますので、若い人よりも有利な面もあります。

 

 再就職を考えている中高年の方は、是非ともスムーズに次の就職先を見つけるために、社会保険労務士を取得しておきましょう。法律系国家試験の中でも、特に中高年の受験者が多いと言われている国家試験です。

 

 社労士試験の特徴は…(1)出題される範囲が広い(2)似たような制度をいくつも学習しなければならない(3)マークシート形式での出題、という点です。

 

 出題範囲が広大なので、効率よく勉強していく必要があります。テキストすべてを覚えるのは大変ですから、過去問を見ながら実際に出題された項目だけをチェックして重点的に学んでいくようにしましょう。実はそれだけでも十分合格レベルに達することができると言われています。

 

 似たような制度がいくつもあるので、各分野を横断的に学習し、比較しながら理解していく必要があります。横断整理用のテキストなどもいくつも出ているので、そのようなツールを有効活用していきましょう。

 

 マークシート形式ですから、あまり深入りせず、読めば正解かどうかわかる、というようなレベルでおさえておくといいでしょう。

 

社労士の資格ならこのサイト

中高年でも社会保険労務士試験を最短突破できる勉強法

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格