ファッション業界の就職にはカラーコーディネーターの資格が有利

 女性に人気があるカラーコーディネーターの資格ですが、特に中高年の方がファッション業界や化粧品メ−カ−に就職するのに有利な資格だといえます。ファッション業界や化粧品メ−カ−での商品開発には服や化粧品の素材やデザインだけでなく、商品をいかに魅力的に見せるかには色彩の専門知識が欠かせないからです。

 

 カラーコーディネーター検定試験にも1級から3級までありますが、ファッション業界や化粧品メ−カ−に就職するのであれば1級のファッション色彩か商品色彩がおすすです。カラーコーディネーター1級の検定試験は年に1回だけ、東京商工会議所の主催で12月に行われています。

 

 2013年度の1級の試験日程ですが試験日は12月1日(日)で、申込登録期間が9月17日(火)10:00〜10月18日(金)18:00になっています。受験料はファッション色彩も商品色彩もそれぞれ:9,180円で、受験料の払込の締切日は10月27日(日)で払込が確認されると受験票が11月18日(月)に発送されます。1級の検定試験の時間は2時間30分でマークシート方式と論述問題が出題され、ファッション色彩か商品色彩かどちらかを選びそれぞれ満点が100点で70点以上の得点で合格になります。

 

 たとえばファッション色彩の場合は、ファッションカラ−の定義と重要性・身体色の特徴・ファッションと色彩文化・ファッション&メ−キャップの色彩と配色・ファッションカラ−の品質管理・ファッションカラ−の調査と手法・流行色の意義と変遷・ファッションビジネスのカラ−コ−ディネ−タ−の役割・ファッションビジネスにおける色彩計画の実際・化粧品メ−カ−のマ−チャンダイジングと色彩計画・衣服と化粧のカラ−コ−ディネ−・ファッションカラ−の色彩調和から出題されます。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格