需要がある電気主任技術者の資格は中高年の就職に役立つ

 多くの中高年の方が電気主任技術者試験に挑戦し資格を取得し、ビル管理会社や工場の就職に成功しています。なかには電気に詳しい方もいますが、なかには知識ゼロからスタートして独学で合格した方もいます。そもそも電気主任技術者とは、どんな資格なのでしょうか。

 

 かんたんに説明すれば電気主任技術者になれば発電所や変電所などの大きな施設から、町工場やビルなどに設置された事業用電気工作物の保安監督という仕事に従事することができるのです。国家資格の電気主任技術者は取り扱う電圧によって、第一種から第三種までの3つの種類があります。

 

 事業用電気工作物の設置者は電気事業法で、電気主任技術者を選任することが義務付けられています。事業用電気工作物とは普通の住宅や小さな店舗や、オフィスで使用する一般用電気工作物以外の電気工作物のことです。事業用電気工作物も電気事業用と、自家用電気工作物とあります。

 

 電気事業用とは発電所や変電所などの施設で、自家用電気工作物とは町工場やビルなどに設置された電気工作物のことです。第一種電気主任技術者は発電所や変電所などの、すべての事業用電気工作物を取り扱うことができます。第二種電気主任技術者は電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物を取り扱え、第三種電気主任技術者は電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物を取り扱うことができます。

 

 電気設備を設けている工場やビルであれば電気設備の保安等の監督者として、必ず電気主任技術者を選任しなければならないことが法で定められているのです。中高年の方でも電気主任技術者の資格があれば社会的評価も高く、需要があるので就職に役立つのは間違いありません。

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格