中高年からIT業界へ就職するならOracle Master Bronze

 オラクルはデータベースとしては圧倒的なシェアを誇る会社です。よって、オラクルマスターのブロンズは情報処理の資格においてデータベースの知識を証明するために抜群の評価が得られるものです。

 

 もしあなたが、IT関連の資格を検討され、データベースをお考えなら、必要な資格と言えます。この資格はブロンズから始まり、シルバー、ゴールド、プラチナと4段階。資格の難易度としては、ブロンズはレベル1です。
 しかし、この資格はブロンズから始まり順次受けなければならず、ランクを飛ばして他レベルを受験することは出来ません。今後、プラチナを目指すにしても、必要な一段階目になります。

 

 ブロンズの資格はオラクルデータベースの基礎で、リレーショナルデータベースへのアクセスに必要な標準言語SQLをマスターすることができ、設計、開発、運用において必要なスキルと言えます。試験については、祝日を除く毎日受けることができ、研修も各地で行われていますので、検索して、自分の希望場所を選択予約してください。
 また、テキスト等も充実していますので、独学での受験も可能です。特に過去に出題された問題が出されることも多いと聞きます。過去問の問題集に取り組んでみるのも近道かもしれません。

 

 Oracle Master Bronzeという資格は、他のITの国家資格とは違い、受験しやすく合格しやすいのですが、IT業界にとっては評価が高いというのも特徴の一つです。Oracle Master Bronzeを取得しておくことで、中高年の方でIT業界に就職する際は一目置かれる存在となり、有利な立場にたつことができるでしょう。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格