中高年世代の就職に有用な大型自動車免許

 中高年の就職・再就職は非常に難しいのが現状ですが、中高年が活躍できる分野を選べば、就職先も探しやすくなります。特に近年では、トラックドライバーの不足に悩む運送業界で中高年世代の入職に期待が寄せられているようです。トラックドライバーになるためには大型自動車免許の取得が必要なため、ここでは大型自動車免許について見ていきましょう。

 

 大型自動車免許とは、大型自動車(車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、乗車定員30人以上)を運転するために必須の免許で、第一種と第二種の二種類があります。貨物の運送が主である場合は第一種のみ取得していれば良いのですが、バスのように旅客を乗せる場合は第二種免許が必要となります。

 

 大型自動車免許の第一種取得には、いくつかの条件があります。年齢は満21歳以上である事、普通自動車免許もしくは大型特殊免許の取得者で免許停止期間を除く運転経験期間が通算3年以上なければ免許は取得できません。また、普通自動車免許の取得条件と同様に、視力・聴力・運動能力・学力なども一定の基準が設けられています。

 

 大型自動車免許を取得する方法には「指定自動車教習所へ通い、技能卒業検定に合格する」方法と「運転免許試験場で直接技能試験を受験し合格する」方法の2つがありますが、一般的なのは前者の方法での取得です。大型自動車は普通車と車両の全長や横幅、重量などが大きく異なるため、教習所で技能講習を受けた方がより安全な運転技術を取得できるでしょう。

 

 また、教習所では学科講習を受ける必要はありますが、学科試験自体は免除されます。取得にかかる費用は教習所に通う場合、約30万円から40万円程度かかるのが一般的ですが、短期集中型の合宿を利用すれば約22万円から30万円前後で取得できるようです。

 

 冒頭で挙げたように、現在大型自動車を運転できるドライバーの数が不足しているため、中高年世代が運輸・運送業界の中心となっています。異業種からのキャリアチェンジ転職やある程度年齢を重ねてからの再就職は職場に馴染むだけでも大変だと言われていますが、同世代が活躍している職場であれば、周囲にも溶け込みやすいかも知れません。また、既に普通自動車免許を取得済みであれば、ハードルも高く感じられないというメリットもあります。

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格