中高年のフォトショップクリエイター能力資格取得後の道

中高年のフォトショップクリエイター能力資格取得後の道

 中高年が就職するために資格取得も視野にいれた場合、取得後に就職しやすい職種やニーズがある業界なのかを事前に確認してから就職に向けて資格勉強を始める必要があります。 

 

 たとえば、広告制作やイラストといったクリエイティブな仕事をするのであれば取得するべき資格といえます。しかし、資格を取得したから企業に就職する場合には、年齢に伴い経験や実績も必要になるため難しいといえます。

 

フォトショップクリエイターとはどんな資格?

 フォトショップクリエイター能力認定試験はサーティファイが開催しており、画像編集技術の知識やフォトショップ機能を使用して提示されたテーマや素材を仕様に従い、コンテンツ制作する実用的な能力試験です。

 

 実際にはかなりの知識とスキルが必要なため難易度が高く、就職に有利な資格になります。

 

試験の種類と内容について

 フォトショップクリエイター能力試験は2種類あり、受験資格は特になく誰でも受験できます。

  • スタンダード
  • エキスパート

 

スタンダード試験では、フォトショップを活用し、作業指示書に基づいて正確かつ合理的に制作ができる事とフォトショップの基本操作ができるかどうか測ります。

 

エキスパート試験では、フォトショップを活用して、DTP/Web デザインの基本知識や、デザインコンセプトや表現の的に応じて適切に表現でき、クライアントニーズに対応して創造性の高いコンテンツ制作ができることを測ります。

 

中高年がこの資格を取得するのであれば、企業に勤めるというよりも独立してHP制作などをサイトで始めるのに適した資格かもしれません。

 

 当然、フリーランスという形になりますため、実力もさることながら自分自身で仕事を取ってくる営業力も必要となるでしょう。

 

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格