職業選択の自由は何処に?

職業選択の自由は何処に?

 

職業選択の自由は何処に?

 

 中高年の求人、つまり転職状況はどうなっているのか、『40代転職.JP』というサイトから概観してみましょう。とはいってもやはり、という状況には変わりありません。高齢社会の真っただ中だといってもそれは人口構成の話で、職場は依然“脱高齢者”のままです。

 

 この記事では中高年を30代から50代くらいだといっていますが、求人の世界では50代以上のことを中高年と呼ぶ場合が多くなっていますので、今回はこの定義を採用したいと思います。というのは中途採用の中心層ともなる30代の頃から「中高年」と呼ぶというのは、それ以降の40代、50代の求人市場とかなりの違いがあり、やはり区別して考えるべきだと思うからです。

 

 また記事では、「転職を考えるなら30代までで、40代以降では転職は考えるべきではない」といっていますがこれには同感です。会社都合や起業の当てがない限り、また実際に興味ある企業あるいは業界・業種からのスカウトがない限りは自ら辞めるべきではありません。

 

管理職の求人が少なく、求人の供給不足を招いている

 

 40代以降になっても管理職未満という方は少ないでしょう。勿論企業規模や構成等からいって管理職といった職責や課長等の呼称を必要としない企業もありますが、数は少ないでしょう。つまり40代以降の多くが管理職を経験していると思われます。

 

 20代よりも30代、30代よりも40代、40代よりも50代・・・といった具合に徐々に管理職者の数が増えていくのが普通です。従って管理職経験があることは半ば当たり前の条件です。

 

 しかし管理職として部下を束ねるわけですから、部下より管理職が多くては管理能力があるとはいえません。ですから、管理職者の数は当然部下の数より少なくなっていきます。会社はそうして組織を効果的に機能させていると同時に人件費を上手く調整しています。このように少ない管理職ですから、求人案件もとても少なく、且つ昨今のリストラの影響もあり、求人の供給不足を招いているため余計に求人探し、つまり転職するのが難しい状況になっています。中高年に職業選択の自由はあっても、その求人自体が少なく、且つ採用される確率も低ければ、その自由は絵に描いた餅にも等しいのです。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格