中高年の転職は何に苦戦するんですか?

中高年の転職は何に苦戦するんですか?

 

 

中高年の転職活動で最も苦戦するのは、「採用されること」です。転職活動をするからには、最終的に採用されなければなりません。活動をしてそれで満足だと感じる人はいないでしょう。しかし、中高年の場合には、その活動の最後の最後、採用されるに至る可能性が非常に低い、ここに高い壁が待っているのです。

 

中高年を積極的に採用する企業は、以前よりは増えてきているかもしれませんが、それでも決して多いとは言えません。企業にとっても、若い人材と中高年の人材が同時に応募してくれば、多少経験や実績に乏しかったとしても若い人材を採用するのではないでしょうか。

 

中高年は、その実績やキャリア通りに確実に活躍してくれるか、採用前では未知数です。そもそも、それを発揮出来るような人であれば転職なんてしないだろう、と企業は考えます。

 

だったら、同じように採用前には未知数だけれども、これから技術的も知識的にいくらでも伸ばしていける可能性を秘めている若い人材を採用しようと企業が考えるのは当たり前のことなのです。

 

いくら自己分析を丁寧に行っても、いくら企業研究を綿密に行っても、いくら応募書類対策や面接対策を抜かりなく行っても、中高年であるというだけで市場価値は落ち込み採用されにくくなるわけですから、やはりここに最も苦戦し、ここが最も高い壁になることは間違いありません。

 

採用されにくいとなると、メンタルを整えるのに苦戦することにもなるでしょう。不採用が続けば、「自分は必要とされていないのではないか」、「定年までここで働かなければならないのか」などと、落ち込みがちになってしまうことも考えられます。この精神状態をどう整え、乗り越えていくか、これに苦労する人は少なくないはずです。

 

上に挙げたような自己分析、企業研究、各種対策などの作業にも当然苦戦はするはず。しかし、これは中高年に限った話ではありません。どの世代でも、転職希望者であれば苦労していること。中高年は自分の立場やニーズを勘違いしないよう正確に捉えながら転職活動に励むこと、それが求められることは間違い無いでしょう。

 

 

その他の質問:
さまざまな職種を転々として一貫性がなく、職歴を説明しづらいです。どうしたらいいでしょうか。
転職で大変なことは何ですか?
転職後の業務内容がまったく別の仕事だった。どうするべき?

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格