スケジュールの立て方ポイント

まずは在職中か退職後どちらが良いかを考える

 

 転職をしようと決めたらまずは在職中と退職後のどちらで転職活動をしたほうがいいかを考えましょう。1番の大きな違いは、在職中に転職活動をする場合は収入をなくさずに転職活動ができるという点です。

 

 在職中の転職活動が理想ですが、転職活動に時間を割けなくなる場合が多く、自由度の高い仕事をしていないとなかなか難しいことも事実です。逆に退職後の場合は、転職活動にたくさん時間が使えるため企業研究や面接の対策をしっかり考えることができるというメリットがあります。ですのでここは自分の状況に合わせて考えましょう。

 

 

具体的なスケジュールを立て方

 

 転職をする前には、企業選び、企業研究、面接の対策、自己分析などやることはたくさんあります。そこで、内定をとりたい予定日をまず決めそれに合わせて転職活動をしていきましょう。具体的にかかるのは、会社選びの期間、応募や面接でかかる期間、退社から入社にかかる期間のこの3つの期間です。この3つの期間のうちどこに何ヶ月かけるかということを考えながら内定予定日を決めます。

 

 そして、内定予定日が決まったら退職予定日も気まるため、あとはそれに合わせて、在職中の活動だったら仕事のスケジュールも含め面接対策や企業研究をしていくことになります。またこの時に大切なのは、できるだけ正確なスケジュールを立てておくことです。

 

 ここで適当なスケジュールを立ててしまうと、ずるずると転職ができないまま予定日だけあとにずれていってしまったり、焦るあまり自分の希望する会社でないところで妥協してしまったりということになってしまいます。ですので具体的にどの項目にどの程度時間がかかるかをしっかり考えたうえで計画をたて実行していくようにしましょう。

 

 

おわりに

 

 転職は一生のうちに何度も経験することはできないため、転職をスムーズにできるという人もなかなかいないません。だからこそ、少しでも自分にとって良い結果がだせるように転職のスケジュールをしっかりと立てたうえで、活動をスタートし確実に実行していきましょう。そうすることでより自分の理想にあった会社に、いい形で入社できるのできるのではないでしょうか。

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格