転職をはじめるなら在職中と退職後どちらが良い?

転職活動を始めるのは在職中、退職後、どちらが良いのか

転職活動を始めるのは在職中、退職後、どちらが良いのか

 中高年が転職活動を始めるにあたり、在職中にスタートすべきか、それとも退職後にすべきかを、悩む方も少なくないのではないでしょうか。

 

 在職中、退職後ともに、転職活動を行ううえでのメリットとデメリットがあります。それを知り、また、それを自分に当てはめた上で、在職中・退職後のどちらに転職活動を始めるべきかを判断しましょう。

 

 

在職中に転職活動を始めるメリット・デメリット

 まず、在職中に転職活動を始めるメリットとしては、生活するための経済基盤があり、精神的に余裕を持って進められることがあげられます。
 転職活動にも応募書類の郵送費や面接のための交通費、履歴書に使用する写真の撮影費など細々した費用が必要ですから、働き続け、給料を受け取り続けながら転職活動ができるというのは、お金の心配をしなくて済むため、大きなメリットとなるでしょう。

 

 仮に良い転職先が見つからなかったとしても、在職中であればその会社に残り働き続けることもできます。転職するか、それともしないかという選択の余地を残すことができるのも大きなメリットとなるはず。

 

 一方で、面接や入社日に関しては、現職に迷惑がかからないように調整が必要になってくることは、デメリットと考えられるでしょう。時間の確保が難しいのはしょうがありません。
 計画的な活動を行ったり転職エージェントなどのサポートも借りればある程度はどうにかなるでしょうが、退職後の転職活動よりも時間の制約があるのは確かです。

 

 また、在職中の転職活動は転職までに少々時間がかかるケースが多いのもデメリットと言われています。

 

 

退職後に転職活動を始めるメリット・デメリット

 退職後に転職活動を始めるメリットは、時間が自由になるので、しっかり企業研究や応募書類の準備ができ、面接日も入社日も、応募企業の都合に合わせることが可能なことです。
 時間がしっかりと確保できるため、例えばその時間を使って資格を取得し、それを転職活動に活かすということもできるでしょう。

 

 心機一転、新たな気持ちで転職活動に打ち込めるのも退職後に始めるメリット。それだけを考えればいいわけですから、転職活動に集中することができると思います。

 

 一方で、失業保険が切れてしまうと収入がなくなるので、転職期間中の生活費を確保していないと、精神的に追い詰められることになりかねないことがデメリットです。
 キャリアに空白ができることにもなりますから、空白期間が長くなればなるほど、書類審査や面接による審査で人事担当者に与える心証が悪くなってしまうことも考えられるでしょう。

 

 どちらが自分に最適な方法か、熟読したうえで選択することをおすすめします。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格