中高年でも就職できる!成功するためのポイント教えます!

中高年でも就職できる!成功するためのポイント教えます!

 

中高年就職活動を成功させるためには

 

1.中高年の就職活動への覚悟

 

 中高年の就活活動では弱気で臨むよりも、要領よく就職に必要な転職媒体を活用して攻めの姿勢で臨むことが大切です。もちろん、十分なスキルや実績がある場合には、企業から引く手あまたのため、それほど困難な状況にはならないでしょう。

 

 しかし、いくら豊富な経験やキャリアがあっても、公開されている求人が少なければ必然的に採用されるチャンスも少なくなります。そこで、どうしてもこの年代の就職活動では、求人の需要と供給のバランスの悪さから、時間がかかることも困難な場合も出てきます。

 

 しかし、活動をする上では、あきらめることなく、攻めの姿勢でどんどん応募してチャレンジしていく気力も大切です。場合によっては、自分では自覚していないキャリアが、企業にとっては評価の対象となることもあり採用につながることもあるからです。

 

 

2.中高年に即した就職活動とは

 

 不採用を恐れて応募しないよりも、不採用になったところで失うものなんてない位の気構えで就職活動することが、採用される可能性を高めることにもつながります。

 

 ただし、やみくもに応募するのではなく、中高年に即した就職活動を行う必要があります。そこで中高年に即した就職活動を行うポイントをまとめました。

 

ポイント

 

  • 求人票では何を求められているのか分析して、 それに自分のキャリアがどのくらいの価値があるのか考える
  •  

  • 転職サイトやエージェント、コネや人脈を駆使してチャンスを広げる
  •  

  • 複数の転職エージェントを利用して、できるだけ非公開求人に応募する
  •  

  • 自分と相性の良いキャリアコンサルタントを味方につける
  •  

  • いつでも応募できる、面接に行ける準備を整えておく
  •  

  • キャリアの汎用性を探して応募する

 

まとめ

 

 中高年の就職活動では、就職活動のためのテクニックと不採用通知にもくじけない不屈の精神があれば、何とかなるものです。しかし、内定がゴールでは決してなくて、また活動だけが大切なのではなく、入社後も人生は続いていくという冷静な視点も必要となります。

 

 内定が出てもそれで終わりではありませんので、その企業で長期的に働ける環境なのかどうか、よく見極めて入社することも大切です。企業に就職する場合には、待遇や職場環境、面接でもできる限り質問をして、こんなはずではなかったと後悔のない活動を行いましょう。

 

 

 

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格